読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bad End Happyとれいか⑵(※年齢制限含む

みゆきの腕を掴み離そうと試みるが、全くびくともせず、逆に腰を撫でられてしまいます。
ぁ…んー////
ふわぁ〜すっごくかわいい声!もっとその声をキカセテ♡


みゆきは片腕を降ろしてわたしのスカートをたくし上げ、太ももをいやらしく撫で始めました。

ああぁ〜///ん、ダメ…ぁ

太ももから足の割れ目に手を移動させて、下着の上から指でつーっとなぞられました。
やぁああーん、ぁあ///みゆき、みゆきぃ

指をくりくりと動かして、一定のリズムで刺激され、気分が高揚してしまいます。

まだきちんと触ってないのに、下着が濡れてきちゃってるねー…どうしてほしいの?れいかちゃん♡

下着の上から…じゃなく…て、直に触ってほしいの…ぁんんー///


下着の中に手を入れると、割れ目をいきなり指でくにゅくにゅと撫で上げてきました。
ん、ぁぁ…はぁ〜ん♡そこ、イイ///

指を震わせるようにわたしの下の割れ目は濡れそぼっていて、みゆきを受け入れる準備ができてしまっていました。

ふふっこのまま指を入れるよ、いいね?
わたしは声も出せないくらい興奮している為、顔を縦に動かすのがやっとでした。


(あはは、これであいつから一番大事なモノが奪えるね〜最高にハッピーだねぇ、不幸のどん底に打ちひしがれる青木みゆきの顔が見えるよ♪)

指を動かそうとした瞬間、背中が凍りつくほどの冷気が飛んできました。


うく"、がはっ…なんで邪魔するのかなぁ、意味がわからないんだけど!!


どす黒さが少し混じった蒼い閃光が教室中を走り、生徒会室が一気に凍りつきました。