星空姉妹の御戯れ

晩御飯を食べた後お風呂に入り、現在お部屋でみゆき姉さんと一緒に並んでくつろぎながら本を読んでいます。
わたしはふと横を向くと、姉さんのパジャマから覗くうなじが見えてしまいました。
(あわわわ///姉さんの綺麗なうなじが見えます///ぁああ、いけません…姉さんは今絵本の世界に旅立っているんです!邪魔してはいけませんよ)

自分の本と姉さんのうなじをチラチラと見ながら、わたしはどちらに集中したらいいのか混乱してしまいました。

れいか〜膝枕して♡

二つ折で横に足を置いている所に、姉さんがいきなり膝に頭を乗せて甘えるようにクリクリ動かしています。
姉さぁん、くすぐったいですよ〜///
れいかのお膝は良い匂いがするねぇ。
恥ずかしいですよぉ、姉さんのばかぁ!


膝に顔をクリクリと押し付けてくるみゆき姉さんに、わたしは嬉しさと恥ずかしさから頭が沸騰してしまい、気がつかないうちに昇天していました。


姉さんのうなじ…美味しそうです…ばたりっ

おしまい。