ためらいがちに(キスシーンのお題その六)

わたしは醤油ソフトを見つめながら口に含むと、わたしの腕に腕を絡ませてくっついている姉さんが顔を近づけてソフトクリームをパクッと食べました。
二人で食べるともっと美味しくなるね♪
そうですね////(顔が近すぎてこれはとてもイケナイです・・・キスしたくなってしまいますよぉ///)

わたしのドキドキと奏でる心音が姉さんに聞こえてしまうのではないかと内心慌てふためきながらも、わたしは姉さんと二人で食べるソフトクリームを堪能しました。


ふふっ、二人共ラブラブ甘々だね〜
姉妹っちゅうよりも夫婦って感じやな!
やよいさん、あかねさん///そんなんじゃないですから…(赤面
れいかぁ、顔がりんごみたいに真っ赤だよ〜照れてるんだぁ‼かーわいいねぇ♡

わたしの頬をツンツンと突ついて、姉さんはからかいを含む表情でニシシっと照れ笑いをしている風に見えます。
みゆき姉さんも顔が真っ赤でかわいいですよ…照れてるんですか?
間近にある彼女の耳に問いかけると、ウーっとちょっと唸りながらそうだよと言ってから、ぷいっと顔を逸らしてしまいました。

なんやなんやーみゆきの方がデレとるんか、ふーんそうかぁ…(にやにや
あかねちゃん///デレてないもん!
そう言ってからそろそろバスに戻るよ〜と、スタスタと歩き始めました。
やよいさんがみゆきちゃん待ってよーと歩き出したのを見送ると、うちらも戻ろかっとわたしもあかねさんと並んで歩き始めました。


れいか、下手とか上手くできないとかそんなん気にせんとき!姉ちゃんは絶対喜んでくれるから大丈夫やって。
あかねさん///はい、ありがとうございます。
あかねさんに励まされて勇気を頂いたので、わたしは頑張ろう!と心密かに気合いを入れました。


バスに戻ると姉さんがわたしを奥に座らせるために、立って待っていてくれました。
姉さん、ありがとうございます。
いえいえ、どういたしまして。
二人で並んで座りホッと一息吐いていると、すかさず姉さんから点呼は取らなくていいの?と聞かれたので、慌てて立ち上がってクラスの皆さんが揃っているかを確認しました。


全員集合していることを確認して先生に合図をすると、バスが発車し動き出しました。

ふーっよかったです…姉さん気がついてくれてありがとうです。
れいかは一人で抱え込む所があるからね、できる限りフォローしてあげたいと思ってるんだよ。
はい、嬉しいです。

そのあと姉さんは、助手席を挟んで隣にいるやよいさんとおしゃべりしたり、おやつに持ってきた飴を取り出して自分の周りの人に配っていました。
れいかもあーん♡
はい///あーん。
わたしだけに包装を解いてお口に運んでくれたのが嬉しくて、ルンルンと足を揺らして無意識に喜びを現してしまっていました。


飴を舐めているわたしの口に姉さんが顔を寄せて、少しためらいがちにキスをしてくれました。

れいかとキスする時はいつも緊張してるし、わたしばかりが求めてるんじゃないかって時々不安に思ったりもするんだよ……
キスをしたあと姉さんは、俯き気味にポツポツと話してから、郊外学習のパンフレットを手に取り、黙黙と読み始めました。

続きます。

お題その六:ためらいがちに(星空姉妹)