幼馴染を看病するお話(後編)

れ、れいかさん?!なんでキレ気味なのかなぁ…
みゆき、なおに友情タップリの美味しいお粥を作ってあげてくださいね♡
わ〜い、うん!わかったーキッチンに行ってくるね。

みゆきはスキップするようにキッチンに入って行きました。

あなたの風邪が早く治るように、みゆきのお粥を特別にあーんして食べさせてあげますネ♪♪
ガタガタブルブル…そんなオソロシイ物を食べたら風邪が悪化してしま(大丈夫よ、勇気リンリン直球勝負!ですよね?
こんな体の状態で勇気リンリンって無理だから…
あらそう、食べなかったら、金輪際みゆきの手料理は食べさせてあげませんからね。
うぅ…お嫁さんにする子の手料理が食べれなくなるのは…いやだ。
あなたにはみゆきを絶対に渡しませんから、安心してお粥を味わってください♡


お姉ちゃん!なおちゃーん!お粥出来たよ〜
カミサマホトケサマどうか緑川なおをお助けください…




三日後
おはよう〜みんな。
おはようなおちゃん…?(なおちゃんが何だかやつれてるのは気のせい??)
おはようなお、ん?あんた風邪ちゃんと治したんか??
まぁ、一応…姉妹の手厚い看病のおかげさまで…
姉妹?妹ちゃん達に看病してもらったんだね。
あんたの妹ってまだ小さいのに、なかなかやりよるなぁ。
あはは…そうだね…


おはようみんなぁ!と、なおちゃん・・・
おはようございます。あら、なおはきちんと風邪を治してきましたね、よかったです♪
れいみゆ姉妹がドス黒いオーラを纏って登校してきたのには…心当たりがあるような気がします、はい。

なおちゃん、何であの時お姉ちゃんとは何もないって嘘をついたの?
(ガガーン…やばい…見られていた…?!)

頬を突つくのはまぁよろしいのですけど、どなたが起きてる時は鬼姉なんでしょうね…???なおさん(極上のスマイル
れいか、まさか寝ていなかっ…
わたしはみゆきの隣以外では途中で起きれないくらい寝たりはしませんよ。
お姉ちゃんから全部詳しく聞いたよ…わたしのお粥、やっぱり美味しくなかったよね(涙目
ぇ、そんなことないよ!砂糖と味醂の隠し味で旨味が出ていて美味しくな…げほんげほん、美味しかったよ〜

なお、まだ完治していなかったみたいね…
待ってれいか‼話し合おうじゃないか、そうだ、そうしよう。

問答無用!
ビューティ、ハッピー、ブリザードシャワー!!!

んぎゃー・・・


なおちゃんの風邪が再びぶり返したのはまた別のお話…