わたしは妹に恋をする(R指定後編②

わたしはみゆきの中を傷つけないように、ゆっくりと指を入れていった。
少し痛かったのかみゆきは目をぎゅっと閉じて苦しそうな声を出した。
みゆき、ごめんなさい…痛かった?
ぁ…ちょっとだけ、でも大丈夫だから続けて欲しい…な。

少しずつみゆきの中の指を動かし始めて、最初は苦しそうに顔を顰めていたが、だんだんと自分の欲しいと思う部分を見つけるように動き出すと、気持ち良さそうな顔に変わりはじめてきていた。

れいかちゃ…ん、ああっ、なかに…れいかちゃんが‼
かわいい、みゆき!みゆきの中はすごくあたたかくて柔らかいわね。
他の誰も受け入れたことがないそのあたたかいところは、わたしを夢中にさせて離さない魅力がある。
胸の頂きを撫で回しながら、何度もみゆきの中の指を動かしていった。

そこ、だめぇ!
指の腹でちょんとそこを刺激すると、わたしの背中に廻していた腕を離し、次の瞬間手が触れたと思ったら爪を立てはじめた。
背中にあたった爪が少し痛かったが、ダメだと言いながらも腰が揺れているみゆきを見たら、わたしの頭から体の先まで痺れるような気持ち良さがじわじわと広がっていくような感覚が心地良かった。


ぁ///んんー、れいかちゃん!れぇかちゃぁーん
何度もわたしの名前を呼ぶみゆきの体はもう限界まできているようだ。
わたしの指をぎゅっと締め付けて、中にずっといて欲しいとうったえてくる彼女をとても愛おしく想った。

イイですよ、イッてください。
みゆきの唇を塞ぎながらわたしは再び彼女を高みに導いてあげた。
唇を離したあとは二人共荒い呼吸を繰り返して、気持ち良さの余韻を分け合うように抱き締め合っていました。


みゆきの頭と背中をゆっくりと優しく撫でてあげていると少し落ちついてきたみたいだ。
ごめんね…
どうして謝るの?
だって、わたしだけが気持ちよくて感じちゃったみたいだったから…
そんなことはないわよ、わたしもみゆきの気持ち良さそうな表情と声を聞いたら体が何度も熱くなって気持ち良さがじわじわと広がっていたのよ。
そっかぁ、じゃあ二人でウルトラハッピーになれたんだね♪
そう言って誰にも見せないような笑みをわたしに見せてくれた。

その笑顔が可愛くて何度もキスをしながら、愛してると唇伝いに気持ちを込めてから、額をくっつけて笑い合っていました。


なんかさ、れいかちゃんすごく手慣れてなかった?本当にさっきのが初めてだったの⁇
ええそうよ、みゆき以外を抱きたいと思ったことなんて今までこれっぽっちも無かったもの。
でもさ、すごく上手だったから////
そうねぇ、たぶんそれは同じ女性の体だから、こうやったら気持ちが良いとか、ここを触ると脳に刺激が伝わって感じやすくなるとわかっていたんだと思うのよね。
ええっそうなの⁉わたしはそういうのはあんまりわかんないよ〜やっぱりお姉ちゃんは細胞レベルで頭脳派なんだね。
うーん、そういうところを頭脳派と褒められてもあまり嬉しくはないのですが…


れいかちゃん、わたしのこと好き?
急にどうしたの?不安ならもっとしましょうか?
もう充分愛は全身に伝わってるから、今日は満足してるよ。不安とかそういうのじゃなくて。
ちゃんとわかってますよ、今までもこれから先もずっとずーっと大好きです。
よかったぁ、わたしもれいかちゃんがすごく大好きなんだもん!だから、お姉ちゃん…

ぎゅっと抱き付いてきたみゆきは急に眠気がきたようで、ふわふわした口調になってきています。
眠っていいわよ、わたしのみゆき。
うー、おねえちゃん…起きてもとなりに…ね。
わかってる、夢の中でもずっと一緒だから。

ふにゃふにゃと言葉にならない声を出した後、みゆきはわたしの首筋あたりに顔を寄せて眠りにつきました。

規則正しい寝息が聞こえてきて、ようやく安堵の息を吐いてる自分がとても不甲斐ないなと思いましたが、それもこの愛しい妹兼恋人に恋心を抱いた故のことだから、これからはもっとしっかりしていかないといけないと、小さくぱちっと頬を叩いて自分に言い聞かせました。

みゆきの髪をふわふわ撫でながら、わたしも心地良い眠りの中に身を委ねていきました。
おやすみなさい、起きたら貴女の優しく笑った顔を見せてくださいね。


おしまい。