たこ焼きパーティーの巻その二

あれ?お酒もう無いの?
あんたどんだけお酒好きなん⁉
コンビニ行って追加買ってくるね♪

行ってしもたわ、まあええわ
ホクホク、焼きたての手作りって美味しいね‼
せやろ〜というか、まさかみゆきがあんなに上手いとは…人は見かけによらないんやな。
みゆきは時々思いも寄らないようなことを簡単にやってのけちゃうのよね。一緒に暮らし始めて驚かされることも多いわ。
へぇー、他にもいろいろあるんだ、聞いてみたいかも。
あいつのことやから、たぶん絵本関係の話やろ?
いえいえ、違うんですよね、ふふっ
もしかしてれいかちゃんができないことなのかな?
れいかができないこと…?何だろう?


ある朝トースターが急に故障してしまって、動かなくなったから今日はパンは焼けないですねと言って急遽別の物を作って二人で食べたんです。
それからその日は講義後にわたしはバイトに行ったんですけど、帰宅したらみゆきがニコニコ寄ってきて手を繋いで台所に連れていかれまして…

おーい、れいかの惚気話かいな。
ちょっとあかねちゃん‼話の腰を折っちゃダメだよ。
そうそう、女は黙って話をきちんと聞く!あかねは筋が通ってないよ。
なんのこっちゃ!あーすまん、れいか続き話してや。

はい、台所に着いたら食パンがこんがり美味しそうに焼けていたので驚いてみゆきに尋ねたら、れいかが帰ってくる前にちょこっといじって直しておいたんだよっと言うものだから、みゆきが一人で修理したのか確認したら、うん!すごいでしょ♪れいかの朝の手間が掛からないようにってお祈りしながらだったら簡単に直ったの〜と言ってました。

そやそや、れいかに関わることやったらみゆきは集中力やらやる気やらが物凄くて、いろいろやってまう奴やったわ。
れいかちゃんと同じ大学の学部に受かったって聞いた時、みゆきちゃんって本当にすごい子だなぁと関心したもんね。
れいかの傍にずっといたいから頑張れるし、出来た時にウルトラハッピーなんだっ、とよく話してくれたんだよ

だから、わたしもみゆきの傍にずっといたいと思ってるんです。
ただいま〜れいかちゃん!タコ焼きまだ残ってるー?
あら、もう一つしか残ってないわね。
そうなの⁈あかねちゃーん(涙目
あーほら泣かんと、まだまだ材料あるから安心し、ほな次いってみようか。

あれー⁉なんで上手くできないの?
あはは、やよいちゃんはぶきっちょさんなんだね。
みゆきもこうなると思っとったんやけど…よっしゃ助けたろうか
(やよいの背中に抱きついて腕を取り)
こうやって焼けてる所をピックで突ついてからえいっとタイミングよく裏返したら出来るからな。
////うん、やってみるね…えいっ!わぁーできたよあかねちゃん‼
よしよし、上手いでやよい。
ニヤニヤ×2
こら、なんであんたらニヤついてんねん!
そりゃあね〜れいか♪
うふふ、ね〜なお♪

あかねちゃんとやよいちゃんはすっごくラブラブなんだよ〜わたしが一緒にいても御構い無しにずっとくっついてるし、それから、それからね〜
もうそれ以上言わんでええから!
うう…人から言われるとすごく恥ずかしいよぉ。
そうなんですね、お二人が仲良しだとわたしも嬉しくなります。
ラブラブしてる二人をれいか達と違って見たことなかったから安心したよ、うんうん。

れいか〜あーん!
ふふ、もう、あーん。
おいちい?
おいちいですよ、酔っ払いさん。
あかねちゃんもあーんしてあげようか?
え////えーよそんなん恥ずかしいし。
さっきからずっと抱きついてるのに恥ずかしがるんだ、あかねは。
なおはたこ焼きを口の中いっぱい詰めとき!
照れなくてもいいから〜