読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空みゆきと青木れいかのお話(5)

前回までのあらすじこちらも同様に突然、星空姉妹の妹れいかちゃんと、入れ替わってしまった、青木姉妹のれいかお姉ちゃん。みゆき姉さんの積極的なスキンシップにドキドキさせられてばかりのれいかちゃんですが、ライバルの幼馴染さんがいない世界だと知り…

星空れいかと青木みゆきのお話(5)

前回までのあらすじ突然、青木姉妹のお姉ちゃんと入れ替わってしまった星空姉妹の妹れいかちゃん。幼馴染のなおちゃんと妹みゆきちゃんがお付き合いしていると勘違いしてしまい、みゆきちゃんに誤解していたことを謝らなければと思うれいかちゃん…れいかちゃ…

星空みゆきと青木れいかのお話⑷

ほほぅ、今の呼び捨ては何やろ?なぁ、やよい。もしかして、二人の愛は誰にも引き裂けないくらい萌え上がっているのかも!ね、あかねちゃん。やよいさん、そういう時は萌えという漢字ではなくて燃えるを使うべきですよ。それで誤魔化せるほど単純な頭の二人…

星空れいかと青木みゆきのお話⑷

佐々木先生からホームルームと続きの一時間目の授業を使って文化祭の劇について決めるようにお願いされたので、教壇に立ち、司会進行をしながらクラスメイトに呼びかけました。演目はいろいろと上がって、シンデレラ・不思議の国のアリス・ロミオとジュリエ…

星空みゆきと青木れいかのお話⑶

二人で素早く変わりばんこで顔を洗って歯磨きをしてから、わたしはみゆきにカットバサミは無いかと尋ねました。ちょっと待ってて、持ってくるから。深く考えずに動いてくれるから、一緒にいてとても楽だなと思っていると、ハサミを持ってきてくれました。あ…

星空れいかと青木みゆきのお話⑶

おはよう!あたしの愛しのみゆき〜♪とれいか。あはは、相変わらずだね、おはようなおちゃん。みゆきさん…そちらの方のご紹介をお願いします。ぇえ!!そっちの世界には、なおちゃんいないのー⁈どうしたの?あたしがいないってなんの話?はわわ、なおちゃんち…

星空みゆきと青木れいかのお話⑵

じゃあれいか、そろそろ学校に行く準備をしよう。ご家族の方には怪しまれないですかね?まあ大丈夫なんじゃないかな、だってわたしはれいかが目の前にいるとしか思えないもん。それなら大丈夫ですね、みゆきは妹さんの他にはご兄弟はいらっしゃらないのです…

星空れいかと青木みゆきのお話⑵

それでさ、これからどうしよっか?妹みゆきさんがわたしに問いかけてきます。そうですねぇ、何故ここにわたしが来たのかもわかりませんし、どうやったら元の場所に戻れるかもわからないんですよね。俯き気味に言うと、妹みゆきさんがわたしの両手を取って、…

星空みゆきと青木れいかのお話⑴

わたしは目が覚めるとふかふかのベッドの上で寝ていました。ベッド⁉なんでベッドで寝ているの⁇ガバッと飛び起きると、隣で寝ていた妹を起こしてしまいました。うー、れいかぁ、もうちょっと寝てなよ〜わたしは即座に隣に寝ている彼女は妹では無いと気がつき…

星空れいかと青木みゆきのお話⑴

ここはどこ⁇あなたはみゆき姉さんです…か?わたしは目が覚めたら見知らぬお家の布団で寝ていました。あれ…夢ですかね?体を起こして、目をゴシゴシしてみても風景は変わらず、和風の佇まいで畳にお布団を敷いていて、わたしは広そうなお家でしょうね…とぼん…

わたしは妹に恋をする(R指定後編①

今さらなんだけど…わたしがお姉ちゃんのファーストキスの相手でいいの?呼吸が少ししにくいのか、みゆきは声がかすれているようだ。ずっとそれを望んでいたのよ…みゆきの唇を何度奪ってしまおうと考えたか、今はもう思い出せないわ。もう奪いたいなんて考え…