鯉する乙女の夢

鯉する乙女の夢

 


*(ドラマ)CBとSPE◯翔のクロスオーバーものになります。

*キャラクターがドラマの設定上から外れている為、すみませんと先にお詫びしておきます。

*時系列が特にない単発的な小話です。

 


 ここは紗綾さんの住処(わたしの実家)で、現在わたしの隣には口をきゅっと結んで真剣に前を見据える上司と、その正面には上司を睨みつけている後見人の紗綾さんが座っており、穏やかではない空気にわたしはどうにも出来ず途方に暮れるばかりだ。

 

「私、久遠さんの上司の冴島はるかと申します」

「あー、あんたが噂のサエジマさんね。へぇー、へぇ〜、ほう…結構美人じゃん」

「ありがとうございます」

「んで、うちに何しに来たわけ?」

 

 美人だと褒められた冴島さんは柔らかな笑みを浮かべて嬉しいのがこちらにも伝わり、自分もつられてニコニコしながら熱いお茶を啜る。

 

「アチッ!」

「久遠さん大丈夫?」

「はい…大丈夫です」

「冷ましてから飲みなっていつも言ってんのに…ふぅーふぅー、こんなもんか…あいよ」

「紗綾さんありがとう」

 

 冴島さんに心配されて、紗綾さんが少し冷ましてくれたお茶を受け取り口をつけるとちょうどいい温度になり、ヒリヒリする舌を舌先でツンと撫でた。

 

「本題に入りますと…私、久遠さんともっとお近づきになりたいと思い、本日はご挨拶に参りました」

「ふーん…で、お近づきになるって具体的に言うと?」

「お友達から始めまして…」

「わたしとお友達になってくれるんですか?!」

「望ちゃんはシーーーッ!」

 

 紗綾さんからお口チャックの合図が下った。

 

「お友達から恋に発展して愛し合い、将来的には幸せな家庭を築きたいと思っております」

「ハァーーーっ??!」

「えっ、鯉に発展して会い試合ってどういう意味ですか?」

「そりゃあこっちが聞きたいんじゃー!」

 

 冴島さんは鯉と会って試合がしたいのだと即座に解釈しました。

 やったー!また一つ賢くなりました。

 賢くなったと浮かれ気味のわたしと比べると、紗綾さんの顔はわたしにツッコミを入れる時以上に苛立っているのはどうしてなんだろう?

 

「望さん、わたしの恋人になってください!」

「んがーっ! テメェ…ごほん、あんた何ノコノコ告ってんだこのスケベ上司がああっ」

「すみません、わたしは一応人間なので鯉人(こいびと)にはなれません…」

 

 わたしの返事を聞いた二人は顔を見合わせて困惑を露わに固まっている。

 可笑しなことを言ってしまったのか、不穏な空気を漂わせてしまうこの癖はどうしたら治るの…?

 

「紗綾さん…それじゃあ、魚人(=鯉人)になるにはどうしたらいいの…?」

「何で魚人…? もしや、恋と鯉を勘違いしてる…?」

「ぷっ…ギャハハッ!! うちの望ちゃん最高にズレてんのがお分かりになったっしよー、サエジマさん残念でした〜〜」

「……緋山さんと笑う顔まで本当にそっくりですね…」

 

 お腹を抱えて大笑いする紗綾さんが楽しそうなので、わたしは紗綾さんが笑っている姿が好きなのかもしれないと、ほんのり好きな気持ちが分かった気がした。

 冴島さんと紗綾さんも仲良くなって家族が増えたらいいのにな…そんな夢をいつの日か見たい…

 

****


「…鯉して…会い試合たい……さやさぁん…Zzz」

「……望ちゃんのやつ、どんな夢見てんだ…?」

 

 ベッドで並び眠るわたしを抱き寄せて頭を撫でるその人に身を委ねて、再び別の夢へと旅立つ。

社長と秘書の恋のお話⑼

社長と秘書の恋のお話⑼

(白緋)

 

 

 

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*キャラクターがドラマの設定上から外れているパラレルになります。

*体を洗う描写が少々あるので、大丈夫な方だけどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 緋山さんには頭が上がらないのは事実だから、わたしはこれ以上緋山さんを困らせることはしない。だけど、ちょっぴりいじける可愛い彼女も見たくなるから、ゴメンね緋山さん。

 

「はるかに話したら、緋山さんには直通で伝わるってことか…ふーん」

「ぁ、ぅ…ごめん」

 

 わたしの肩におでこを付けて擦り寄り、抱き締めて重ねている手と手を絡めて親指の腹で撫でてゴメンね、と指から伝えてくれるから愛し過ぎてにやけてしまう。

 

「しょんぼりいじいじしてる緋山さんもカワイイ〜!」

「白石にやけてんじゃん。ほら、元気だったらお風呂入って寝るよ」

 

 緋山さんに背中を預けたままのわたしをソファーに腰を付けさせて、体を跨いで抜け出したあとはバスルームへ直行した姿を見送るだけ。

 普段だったら時間に余裕があれば洗濯機を回したり、朝に出来なかった食器の洗い物もわたしがいつもこなしているのに、今晩は何もできそうにない体が悔しくて膝を抱えた。

 

「いらいし〜、お風呂もう沸くから先にシャワー浴びるよ」

「うん…」

「まだ怠い…?」

「ちょっとね…」

「今日はやめとく?」

「ううん、綺麗になった体で緋山さんと抱き合って寝たい」

「わかった、あたしが綺麗に洗ってあげるから任せなさい」

 

 ニヒッと悪戯っ子の笑みを浮かべる緋山さんに手を引かれて、まだ少しだけふらつく体を緋山さんに支えられて浴室へと入ったら、無抵抗のまま素早く服を脱がされ、緋山さんも同じく生まれたままの姿になって浴室に入った。

 

****

 

 冷たく降りしきる雨は拒絶反応が出るくらいこの身が受け付けないのに、温かいシャワーだといつも安心するのは緋山さんの体の温度も感じられるからだろうか。それなら、緋山さんとくっついたままだったら冷たい雨の中でも平気かもしれないが、想像しただけで気分が滅入って悄げる。

 

「あんまり余計なこと考えないの」

「…うっ、何で分かったの?」

「体が震えてるから丸わかりだって」

「…たぶん体が敏感なだけだよ…」

 

 言い訳してもハイハイと受け流されるから、緋山さんはわたしの扱いなど十分に慣れたものだ。

 

「はいはい、両手でおっぱい隠さないの」

「前は自分で洗えるのに…ヒャッ! そこはくすぐったいよ〜」

「ジタバタ暴れんな」

「だって、緋山さんが弱い所をくすぐってくるんだもん…ひゃうっ…あふんっ」

 

 バスチェアに座るわたしの前方に片膝を立てて座る緋山さんに、泡立てられたスポンジが前身を気持ち良く上下左右に滑り、片腕から脇と胸元から反対側も洗い上げられていく。

 

「しらいしの乳首、いつ見ても色付きが良いよねー!」

「…あんまり見ないで…」

「これはムラムラしたら、むしゃぶりつきたくなるわ」

「ひやまさんのエッチ…」

「ほら、お股がばっ」

 

 力づくでこじ開けられてしまい、体を入れ込んだ緋山さんにデリケートゾーンを優しくゴシゴシ洗いながら真剣な顔で懐を見つめられたら、その気が無くても泡とは違う分泌液がジュワッと湧き上がるのが分かり、目を閉じて口を結んで耐える。

 

「あんた、洗われてる最中に感じてんの?」

「ひやまさんのスケベ…」

「白石がもの凄く綺麗だから同性として憧れるし、どうしようもないくらい見惚れてしまうし、ドキドキもしてる…」

 

 目を開く前に緋山さんの顔が既に眼前に接近していて、唇を塞がれたと同時にこちらからも唇を突き出して二人の境目を閉じるようにキスを深めていった。

*年齢制限注意 優秀で天然なうちの彼女がSNSを始めました⑹

優秀で天然なうちの彼女がSNSを始めました⑹

 

 

 

*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*時系列が特にない単発的な小話であります。

**緩めの微エロ表現あり、閲覧要注意です。

 

 

 

…翌朝。

 お布団の中からもぞもぞと顔を出し、ベッド横の棚に置いてあるスマホを手に取り時間だけ確認後、まだまだ余裕があるのが分かると隣に眠る彼女を抱き寄せて起きる前の体温を感じて微睡む。

 太ももを彼女のそれに挟んでモゾモゾ擦り付けて一人気持ちを高ぶらせるがまだ全然物足りなくてウーンッと静かに唸る。

 こちらばかりがどうして興奮気味なのか理由を書くと、彼女はきちんと上下ともパジャマを着用しているのに対して、自分は上半身しか着ておらず下半身はパンティ一枚のいつでもエッチなスイッチを入れられるのに、仕事前なので我慢するしかないのが少々辛い。

 

「…んーっ…まだ眠いのでおやふみ…」

「なーなー、ちょっとだけでもええから…キモチィことしよう?」

「ほわっ…あぁああ〜〜ンッ!……イキマシタ、おやすみなさい…」

「ちょう待って、うちはこれっぽっちも気持ち良くなってへんやん…みつきちゃん起きてよぉ…」

 

 美月ちゃんは年中を通して寝起きが悪いのだが、今朝はやけにマイペース度が増しているのは多分恐らくわたしの夜中の行為が原因だと考えられる。

 


****

 

 

 昨夜の寝る直前、SNSから早々と切り上げたわたし達は、寝室のベッドの上でごろごろと寛いでいた。

 

「鼻血ブー、高木ブーさんは早く寝ること! アーユーオーケー?」

「オーケーオーケー。アイムEK、ノット高木ブー

「あははっ、恵梨香さんおやすみなさい」

「ふふっ、美月ちゃんおやすみ」

 

 チュッと軽い口付けを交わして暫くすると美月ちゃんから早くも寝息が聞こえてきたので、自分の体の興奮を鎮める方法を一人で模索するしかなくなってしまう。

 

(美月ちゃんを抱きしめながら、一人で慰めるしかないか…)

 

 まずは自分のパジャマのズボンを下ろしてベッドの脇にポイっと放った。

 その次に、美月ちゃんのパジャマの第三ボタンまで目覚めないように慎重に外したら、自分の顔を胸元に埋めて体も美月ちゃんに限界まで近寄り準備万端で秘め事を始めた。

 パンティの中に片手を入れて大事な割れ目に指を走らせて濡れ感を確認するが、微妙に足りていない様子に頭を捻る。

 

(ん〜〜っ、もうちょい濡れて欲しいんやけど、どうしよう…それならば、美月ちゃんの指を拝借しちゃおう)

 

 そうと(勝手に)決めたら、美月ちゃんの右手を取って人差し指と中指だけ立たせて自分のパンティの中へとずるずると導き、割れ目に当てがいアソコを弄り始めた。

 

(おっぱいは残念ながら見えへんけど、美月ちゃんの指の方が好きやわ…ンンッ…ええ感じに濡れてきた)

 

 時々掛け布団からちらっと顔を出して美月ちゃんの寝顔に近づき唇に軽く口付けて、彼女の指を動かして自分の感度を高める行為が続く。

 自分の指じゃないと脳が認識したらキュンッと感じて、大好きな彼女に愛してもらう時みたいに指を中にも挿れて欲しいと思うほど敏感になり、蕾付近を刺激するように激しく指を動かしたりぐりぐり擦り付けていった。

 

「……はぁああっ…めっちゃキモチィィ…もっとぐちゃぐちゃにして……ぁぁああっっ」

 

 濡れそぼっていく秘所と彼女の指…起きたら怒られるかもしれないのに、今は持続的に続く快感の波にずっと乗っていたくて止められない。

 確認を取らずに彼女の指で自慰するなんてどうかと思うけど、バレるかバレないかのスリル感も味わえるので、より強い興奮から快感を得ることができるのだ。


『ほら〜、えりかさんはエロいって言ってたとおりでしょう!』


 比嘉の声が頭に浮かぶと直ぐに、あっちへ行ってなさいよ!と頭の中のもう一人のわたしに追い立ててもらったのである。

優秀で天然なうちの彼女がSNSを始めました⑸

優秀で天然なうちの彼女がSNSを始めました⑸

 

 

 

*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*時系列が特にない単発的な小話であります。

 

 

 

「比嘉さんから、EKさんってどこのエロい人かなぁ? と質問がきましたね」

 

 それ、声に出さなくていい日本語ですがな!

 真横にある美月ちゃんのお顔はどうやって上手く返そうか悩み中といったところか。

 

「EKさんはそんな言うほどエロくないよって何としてでも伝えてよぉ…」

「分かりました…『はい、とっても可愛くて綺麗で自慢のエラい人なんです』と返信」

「ありがとう…やっぱ美月ちゃんはうちの味方でええ子やな」

 

 スマホを両手で持って比嘉からの返信を待つ美月ちゃんの頬にキスを落としたら、ふにゃっと頬が緩むのが可愛くて夢中で頬キス返しが続く。

 

「あっ、通知マーク付きました」

「どれどれ…」

『さっそくツイートとリプライが出来るようになって良かったね! EKちゃんとの惚気ツイート楽しみにしてる♪ byゆり子』

「アンビリーバブル!? ゆり子さんにもバレバレやんか〜〜! 相互は危険…ソウゴハキケン…」

「えっと…ゆり子さんには…」

 

 恵梨香さんは思考停止しました。

 焦りながらポチポチ返事を入力する美月ちゃんの肩にもたれかかって、彼女の襟足付近の髪をクルクル巻いて遊ぶ。

 

「『使い方を教えてくださりありがとうございました。今度よかったらお昼ご一緒にいかがでしょうか?よろしくお願い致します』と返信。プライベートに関する情報伝達は考えものですね」

「まあね。ま、うちの部署やとガッちゃんはSNSしてないし、天海さんも同様にしてない筈やし少々イジられても大丈夫やろ」

 

 襟足の髪クルクルを止めて、次はふぅっと吹き掛けて遊び方を変える。

 すると、ブルッと身を震わせてからジタバタして擽ったがる美月ちゃんの反応を楽しんでいるうちに、比嘉からのリプライも届いて一応確認させてもらった。

 

『とっても可愛くて綺麗なEKさんとわたしも会ってみたいな〜。よければ今度紹介してちょうだい♡』

 

 比嘉はあくまでもEKさんの存在は誰なのか分からないフリを継続するみたいだ。

 もしかして、わたしからのツッコミ待ちとか…?

 

「比嘉さんには恵梨香さんだとバレてないのでしょうか…? ハッ! もしかして、イニシャルが似ているETみたいな生き物と勘違いされているとかだったりして」

「…ウチハ…ココニ…オルヨ…アイムEK…」

「おおっ、さすがお上手ですね! 今後はそのキャラでいきましょう」

 

 わたしのETの声真似が大変気に入ったのか、ノリで真似した渾身のボケを真に受けてくれる、優秀で天然なうちの彼女を大事に見守っていきたいと改めて決心した。

 

『今宵、彼女とはくれぐれも激しくシないように♪』

 

 この後、わたしのアカウントに対する比嘉からのリプライを見て顔から火が出そうになったのは、言うまでもなかった。

一番幸せな休日の過ごし方(その2) (後編)

一番幸せな休日の過ごし方(その2) (後編)

(白緋+冴島+久遠)

 

 

*(ドラマ)CBとSPE◯翔のクロスオーバーものになります。

*キャラクターがドラマの設定上から外れている為、すみませんと先にお詫びしておきます。

 

 

「そうだ冴島、寝室はやっぱいいわ」

「ふーん…恵が寝てるから…?」

「う、うん…下着はあたしが責任持って取ってくる…」

「そう…腰は大丈夫なんですか?」

「な、何のことかなぁ? 腰なんて別になんともな…い''っ…ぅぅ」

 

 昨晩嫁に激しく愛されて腰を痛めたなんて言ってないのに、冴島には既にバレている様子だ。

 

「立つのが辛くなるほど激しくてイヤラシイ行為をされたんですね…」

「んなこと言わなくていいってば! アタタッ…」

 

 立ち上がったあたしは屈んで腰を抑えたが、冴島に背中を支えられ再びソファーに戻されて、こちらを見ながら掃除機を掛けていた望ちゃんも掃除の手を中断してあたしの隣に駆け寄ってくれる。

 

「紗綾さん大丈夫…?」

「うん…」

 

 眉を下げて肩に頬を擦り寄せてくる望ちゃんが猫みたいな子だと思ったと同時に、良い考えがパッと閃いたのだ。

 

「久遠さん、その人はあなたのご家族の紗綾さんではなくて…」

「望ちゃんにお願いがあるんだけど、聞いてくれる?」

「はい! わたしには何でも言ってください」

 

 瞳は若干暗めに曇ってはいるが、ニャンコの尻尾を嬉しそうに揺らす望ちゃんが見えたあたしは内心ニンマリして、寝室まで連れて行ってもらう事にした。

 

「あたしを寝室まで抱えて連れて行って欲しいんだけど…」

「分かりました! どうぞこちらへ」

「……悪知恵だけはホント御立派ですね…」

 

 うるさい冴島はリビングに置いといて、あたしは望ちゃんにお姫様抱っこをしてもらって寝室へと入って行くと、ベッドの縁にそっと降ろしてもらった。

 

「どうもありがとう」

「いえいえ、あなたのお役に立てると嬉しいです」

 

 あたしは腕を伸ばして自分の鞄を取り、中からチャック未開封のチョコレート菓子を取り出し、望ちゃんにプレゼントと言って手渡してあげると、他の誰にも見えない猫の耳と尻尾をぴょこんと出して嬉しそうに揺らしながら寝室を後にして行ったのだった。

 

(あの子、精神年齢が極端に低いような気がするけど、可愛い猫ちゃんだわ…紗綾には勿体ないわ)

 

 と思いつつ、あたしは白石一筋だからとぼそりと呟き、布団を持ち上げて白石を確認すると…

 

「ンーーッ! あんた、いつの間にパジャマに着替えたのよ…」

 

 下着もパジャマも洗いたての良い香りがする物を着用しており、先程まで冴島の入室を拒もうとしていた自分がお間抜けに思えてしまう。

 取り越し苦労をさせた白石の隣に潜り込み、姿勢良く眠るその身に絡みつくように抱き締めた。

 

「めぐみ…昨晩はいっぱいシてくれて嬉しかったよ…」

 

 気持ち良さそうに眠る白石をじっと見つめるだけなのに、彼女への愛しさが湧いて体を熱く火照らせる。

 

「…ひやまさ…ん…ぬれてる…」

「まだ濡れてません!…って、寝言か…」

 

 白石は夢の中でもあたしを愛してくれてるのだと伝えてくるから、その夢を一緒に見る方法があるなら誰かあたしに教えてほしい。

 あなたとの逢瀬の時間がまだまだ足りなくて、渇いた懐を潤わせて欲しいと願ってもいい…?

 ウトウトと微睡んでいるうちに、白石の元へ向かっていくように寝落ちするのだった…

 


その頃リビングでは…

 

「緋山さん戻って来られないですね…」

「あら、久遠さんはきちんと緋山さんだと認識しているじゃないの」

「…はい。でも、生き写しのように似てるから、つい呼んでしまうのは癖かもしれませんね」

「…そう。ところで…わたしと彼女、あなたはどっちが好みだと思う…?」

 

 冴島の意味深な質問にピクッと一瞬固まった望ちゃんだが、微笑んで遠くを見据える瞳にほんのり光を宿しながら静かに答えた。

 

「…あなた好みの女にしてください…」

 

 胸がドキッとして、ソファーに並んで座る望ちゃんに体ごと向ける冴島は珍しく落ち着きがない。

 

「えっ、あの、久遠さんそれは…」

「なんて、紗綾さんによく言ってるんですよー」

「…ぁあ、そうなの…はぁ…」

 

 冴島は自分から踏み込んで聞いておきながら、ちょっぴりブルーになっているなんて、あたしも白石も知る由もないのであった。

 


…おしまい。

白石さんは場所を選ばずハグする人(だといいな)

f:id:miyurei1114:20200222230957j:image

猫の日は描けなかったので白緋ちゃんを練習しました〜

「ビールの次はわたしの番だよ」

「えっと、何の番を待ってるの?」

「緋山さんを美味しく食べる番…♡」

「ハハッ、まずはビールが先だから一旦離れて」

「いやでーす」