みゆとれい(よいこのえほん)その2

みゆとれい(よいこのえほん)その2
七色ヶ丘という町に住む、みゆきちゃんとれいかちゃんは、読み聞かせ会の準備のため、本日はみゆきちゃんのおうちにいました。
図書館のいこいの場を使わせてもらえるようにお願いしに行ったり、日程が決まりチラシも作って、図書館に貼ってもらったり、近所の小さな子供達にも声をかけて、準備ばんたんであとは当日まで練習をして過ごすだけだと思っていたのですが、二人の表情はどんよりしていました。

ねえ、れいちゃん…読み聞かせ会できなくなっちゃうの…?
あ、あの…天気予報では、台風があさって、七色ヶ丘の地域に最接近すると言っていました…
台風が来たらできないの?
雨風が強くなってきて、外出が危ないので、おそらくは延期か中止になります…
そんなぁ…中止なんていやぁだ…うわーーーん!!
みゆさん…うぅ…

みゆきちゃんの丸いお目めから、大粒の涙がぼろぼろとあふれて洪水のようにこぼれ落ち、その姿を見ているれいかちゃんも悲しくなり、つられて泣きだしてしまいました。
しばらくの間、二人で泣いていると、カタカタカタカタっと窓を打ちつけるような、強い風が吹いてきました。

ぐすん…風が吹いてきたね…れいちゃん、危なくなる前におうちに帰ろう?
イヤです…みゆさんと一緒に絵本の読み聞かせの練習がしたいです…
わたしもしたいよ。でも…あさっては中止になるよ。
あさってがダメでも、また来週にお願いして開催したらいいのですよ。
れいちゃん…みんな来てくれるかな…?
大丈夫です、大雨が降ったあとは、太陽がさして涙なんてすぐに乾いてしまいますから!
…そうだね。うん、れいちゃんと一緒だったら大丈夫だよね!
はい!ふふっ♪
タオルでお互いの涙を拭ったみゆきちゃんとれいかちゃんは、お天気が良くなるようにと願って、仲良くてるてる坊主を作るのでした。


おしまい。

みゆとれい、二人は仲良し!

夏休みシリーズ⑵

夏休みはまた違う楽しみ方も(幼馴染とあかねとやよい編)

青木さ〜ん♪ 午後から図書館に行かない?
いいですね、お供しますよ星空さん♪
何あれ?破局?!チャンス到来かな〜♪
なおちゃん、残念だけどあの二人は…
苗字で呼び合うのが新鮮で楽しいんやって。
へぇー…幼馴染だと小さい頃から名前呼びが普通だったからなぁ。
青木さん、宿題でわからないところがこんなにあるの!助けて〜えーん…(ハグッ)
ヨシヨシ、星空さんにはわたしが付きっきりで教えてあげますので、ご安心ですよ(ハグハグ)
あんたら…暑いのにようくっついてられんな…
わたし達がいてもお構いなしだもんね、スケッチしなくちゃ♪
星空さ〜ん♡ あたしがれいかから助けてあげる!(ダッシュ!ガバッ、ギュッ)
あぐぅ……なおちゃん…くるしい……がくり。
緑川さん♪ (ニッコリ)
ああ…青木さん…目が笑ってないような…
早くわたしのみゆきを離しなさい!!
きゃー、れいかがキレたー!
よいしょ、みゆきはあたしのお嫁さんになるから♡ じゃあね〜〜
ちょっと、お待ちなさい!

みゆきをお姫様だっこで抱えて、れいかの家の広い廊下を移動するなおを、怒り露わに追いかけて行くれいかを、うちとやよいはまた始まったという顔で見送るのでした。

夏休みシリーズ⑴

夏休みは楽しいな(プリンスみゆきちゃん御一行様編)

今年の夏はれいか姫と海を航海してバカンスに行くんだよ〜
さすが王族の夏休みは違うね…
ええぇー!ウニを公開!?あたしも一緒に連れてって〜!!
ウニやのうて、海や!しかし、まだ中等部のお姫さん達がよく二人旅を許されたもんやなぁ。
実は、私達だけではなく、侍女や付き人や護衛を何人も帯同しなければならないんです…
わたしはれいか姫と二人だけで行きたいって駄々こねたんだけどね〜危ないからダメってお母様にプリプリ怒られちゃった。
一国のプリンスが駄々っ子ってあかんやん!
まあまあ、みゆき王子様も一生懸命説得してくださったので、それだけでも私は嬉しく思いました…///
説得やのうて、駄々っ子やからな…何で、素敵なプリンス様〜って顔で惚れ惚れしてんの?!
まあまあまあ、うるさいあかねはほっといて、あたしも連れてってよ。
はいっ!わたしも行きたいなぁ…チラッ。
客船の中でお好み焼き焼いたるから、うちもうちも〜!
たこ焼きもお願いできますでしょうか?
あう〜れいかちゃん…(涙目)
おーけーや♪ にしし〜よろしくな、プリンスみゆきくん♪
もうわかったよ…よーしみんなで南の島へ旅に出るぞ〜!
おおっ×4


どんぶらこ〜〜どんぶらこ〜〜と五人を貸し切った中型の客船は南の島へと航海するのですが…


………ここ…どこおおぉおお!!!???
船長さんが現在位置を確認していますので、落ち着いてください、みゆき王子様…(航海図を広げたて正座で座って見入るお姫様)
ああ〜ぶどうジュース美味しい〜♪
無人島に漂着…幻の秘宝が隠された宝島…アニメみたいでワクワクするね〜〜
何でうち、この状況でたこ焼き焼いてんのやろ…?


プリンスみゆきちゃん達はどこへ行ってしまうのか…つづく?


夏休みは三人でもエンジョイしよう♪

あかみゆれいでネズミ〜ランドへ行ったらこんな感じかな、というイメージです。
f:id:miyurei1114:20170730031356j:image
わたし、あかみゆれいの三人組が好きなんです+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 二人の天然さんに振り回されるあかねっち可愛いよ!

未来から来たれいかちゃんのイメージイラスト①

昨日から描きたくなったのでペンを取ってみました。
育代ママさんに頼まれて、お使いに行くれいかえもん。大好物のどら焼きが欲しい感じで…
f:id:miyurei1114:20170725000348j:image

ウルフルンタローにいじめられて、れいかえもんに泣きながら助けを求めるみゆきさん。
f:id:miyurei1114:20170725000848j:image

妖精アプリ(11)

妖精アプリ(11)
わたしは、蛇に睨まれた蛙のように、身動きできなくなっているのが分かる。

あの…ね…そのゲームを始めてから、仲良くメッセージ交換している子がいてね。その子と今度会いたいねって話しててさ、れいかちゃんにその子と会っても大丈夫かの確認をしているなう…
はい…
文も丁寧で礼儀正しくメッセージを書いてるし、優しくて、悪い人ではないと思うの……
その方の性別は分かっているの?
女子大生って言ってたような…
情報がそれだけだと、何だか曖昧な感じがして、とっても怪しいですね。
大丈夫だよ。だってほら、友達の友達までしかフレンドになれないんだし、友達に聞いて回れば素性なんてすぐに分かるよ。
なるほど……みゆき、会わないでとは言いませんが、どうしてその方に会ってみたいと…興味を持ったのですか?

(えっと…どうしてだろう?これと言う理由があるとすれば……こんなに気になるのは、ビューティフルちゃんが画面の向こうにいるような気がするから)

興味を持った理由は、似ているからかな…誰って実体はわからないんだけど、アプリの妖精さんにね。
ふう…あなたの妖精さん好きは相変わらずなのね。
呆れちゃうよね…ははっ。
そんなことないわ、わたしはそんなところも大好きですよ。
えへへ///ありがとう、れいか。じゃあ、返事はOKってことでいいね?
はい。みゆきがその方に会って、感じたこと、気が付いたことがあれば、些細なことでもいいから教えてください。わたしからはそれだけです。
うん、わかった。


その後、晩御飯をきちんと食べ終えて、二人で後片付けをして、仲良くお風呂に入って寝床につきました。

未来から来たれいかちゃん②

れいかえもんとみゆきさん②

れいかえも〜ん!夜中蒸し暑くて眠れないから、涼しくなる道具出してよ〜
分かりました、これをどうぞ。

チャッチャラ〜ン!!うちわです☆

ええーっ、これ、ずっと扇いでたら眠れないじゃない…
金魚柄が可愛くてお気に入りなんですよ♪
れいかえもんのお気に入りじゃなくってさ〜自動で涼しくなる家電製品みたいな物がいいよ。
それでは、育代ママさんに扇風機を借りてきましょうか。
わたし、れいかえもんの道具がいい!うちわとか扇風機とかその辺で売ってる物じゃないやつを出してよ〜
う〜ん…あるにはあるのですが…
わーい!それを早く早く♪

えっと…確か四次元ポシェットのこの辺りに…ありました。

チャッチャラ〜ン!!ひんやりマットです☆

これをベッドの上に敷いて眠ったら、冷たくて寝苦しさが解消されますよ。
ありがとうれいかえもん♡これで今晩から安眠できそうだなぁ。


そして真夜中にて…

ぶるぶる…寒い…寒すぎて眠れないよぉ………よいしょ…
スヤスヤ…
れいかえもん起きて…
あふぅ…あら、みゆきさん…もう朝ですか?
まだ夜中だよ。れいかえもん、あのマット寒すぎて体に合わなかったみたい…
やはりそうでしたか、ごめんなさい…人型ロボットには最適な道具だったのですが、みゆきさんは温かい人間ですものね…
いいよ気にしないで。今晩はれいかえもんのお布団で寝るね…///
では、わたしはみゆきさんのベッドで、ひんやり寝ることにします。
あうぅ…一緒に寝ようよ〜///

れいかえもんが大好きなみゆきさんと、天然で鈍感なれいかえもんでした。