熱に浮かされて 前編 (やしなる)

 熱に浮かされて 前編 (やしなる)

 

  大人になったら一人で何でも出来るし、何も不安に思うこともない筈だった…

 仕事だって自分の適職と思って働き甲斐があり、プライベートな時間は柔道の稽古や体力作りに励んだりとやりたいことを全うしていると言える。

 ただ、最近のわたしは仕事と稽古だけでは物足りない想いも抱え始めていた。

 


 それは、運命的な出逢いだったのかもしれないと思ったり、あの人のことが気になって考える時間が増えているのは事実だけど、まだ気持ちの根底にあるものも分からずにいるし、本人に伝えられる筈もなくて、憧れと尊敬の対象なのだと自分に言い聞かせたりして…

 この熱い想いはどこから湧いてくるのか…身も心も熱りを帯びて体がどうかしてしまったのか、自分自身に問いかける…

 


 しかし、現実はそんなに甘くはなかった。熱に浮かされた体が思考とは裏腹に、何一つ思い通りにいってはくれないのだった。

 

 

 

 朝、目覚めた時から頭痛と熱っぽいような気怠るさを感じていた。いつもより遅めに起きて、シャワーを浴びる体も重くてさっぱりしたとは思えない。でも、自分は仕事を休むなんて考えられないし、あの仕事場には体を引きずってでも逢いたいあの人がいるんだ……

 

 

 

***

 

 

 

草加さん失礼、3-Eの一番上取って頂ける…? あら、お出かけ中なの…それじゃあホルス、あなたにお願いしてもいいかしら?」

「……………」

「ちょっと、聞いてるの?返事くらいしなさいよ…ホルス?」

「…………はぁ…はぁ………っ………」

 


  第6係の地下にある一室に着いてから、呼吸が乱れるような息苦しさと、意識まで朦朧とする熱っぽさが体の自由を奪っているのがツライ…いや、まだ平気だ。

 先輩の声が聞こえて、いつもみたいに明るく元気な声で返事をしたかったのに、明るく振る舞う余裕もないみたいだ。

 


「…まだ…平気だし…これだけは終わらせ……ひゃっ!?」

 


  額と頬をひんやりとして良い匂いがする何かが触れた。それが何か直ぐに理解が出来ないくらい心地良くて頭がふわふわしていた。

 


「あなた…額も頬もすごく熱いわ…高熱が出てるじゃないの」

「……んー……こうねつ……なんのことすか…?」

「バカホルス!なんでそんな体で仕事に来たわけ?信じられないわ」

「せんぱいのこえ…すごく頭にキンキンひびく…」

 


  その時、上に呼ばれていたらしい財津係長が室内へ戻って来る音と声が聞こえてきた。

 


「あれー?鳴海くん、矢代くんの頬と肩に手を置いて何かあったの?」

「係長、矢代が高熱を出してる様子なので、早く帰らせてあげるべきかと思います」

「ああ、朝から様子が変だと思ったら、やっぱりそうか…それじゃあ」

 自分の意思とは違う方向へと話が進んでいくのを遮るように、声を絞り出した。

「……あ……自分なんともないすから…気にしないで………さい」

 頭がぼんやりして、掠れた声しか出せないのがつらい。

「ホルスはもう黙っていなさい…というわけですので、早退させます」

 


 先輩に立ち上がるように即されて、いつも持ち歩いているリュックを無抵抗な状態で背負わされると、ふらつく体を支えられて倉庫の扉を開けた先輩に気をつけて帰るように念を押されるのだった。

 このまま戻ったら次は先輩をこっ酷く怒らせてしまいそうなので、渋々と長い階段を上って行くことにした。

 


 普段は何も考えずに上れる階段が、今日は一歩ずつが足に鉛を吊るしているんじゃないかというくらい重くのしかかり、途中で何度か足が絡まって段差で滑りかけていたが、階段の上の通路までたどり着いた時には息切れのような胸の苦しさを感じていた。

 

「……ん……はぁ……せんぱい……たすけて…」

 

 苦しく息を切らしながら、そこにはいないあの人に助けを求めてしまうなんて…本当に先輩の言う、『バカホルス!』だと自嘲気味に思った。


 その後も重い足取りで建物から出ると、眩しい陽の光が顔に差し込み、目が霞むような眩暈に襲われて立ち止まって落ち着くのを待った。

 そういえば、先輩も陽射しを嫌っていたことを思い出したら、胸の奥がほんのりと温かくなった。

落ち着くまでの間、数人ほど刑事の関係者と挨拶を交わしたのは自分でもさすがに驚き、気力で持ち堪えて歩き出した。

 かなり歩いたのか数歩だけだったのかわからなかったが、不意に背中に腕が回されて支えられる感覚に包まれていた。

 横目でその人物を確認すると、サングラスをかけて日傘を差した全身黒い服装の、想い焦がれるあの人が背後に佇んでいたのだった。

 


「ホルス。あなたはそのふらつく足のまま、徒歩で帰るつもりなの?」

「徒歩……とほ……あうぅ……頭痛いす………」

「思ったとおりだったわ…タクシーを呼んであるから、もうしばらくそのままで我慢しなさいね。さ、わたしの日傘に入って」

 


 先輩の口調は柔らかくて優しく、普段の淡々として相手の心を見透かすような物言いは全く感じられない。その穏やかな声色で話しかけてくれる先輩のことを想うと、動悸が早くなった気がするのは熱のせいだろうか…

 先輩に背中を預けていると、守られているような包容力を感じて、このまま先輩が背中にずっと腕を回したままで包まれていたいと思うくらい、今の自分は心が弱っているのかもしれません。

 

 

 

「ホルス、大丈夫? タクシーもうすぐ来るわよ」

「せんぱい……ん…はぁ……お仕事……もどらないの…?」

「お仕事には戻るわ、あなたを病院へ連れて行ってお家へ送り届けるところまで付き添うつもりよ。だからもう静かにしていなさい…」

 


 先輩は、わたしのコクンっと頷いた姿を見ると、サングラスの奥の瞳が穏やかで情愛が感じられる様に見えたのは、気のせいではないと思っていいですか…?……鳴海先輩………

 

 

 

…続く。

二人だけの時間 (やしなる)

f:id:miyurei1114:20180621172424j:image

「鳴海先輩、その本面白いすか?」

「んー、まあまあね」

「今晩はロールキャベツが食べたいです」

「ふーん、まあ頑張りなさい」

「そうだ! 一緒に作って食べましょう、二人で食べる方が楽しいし美味しいすよ」

「どうせわたしに作らせたいって魂胆でしょ。めんどくさい、材料も無いし無理ね」

「これから買いに行けばいいじゃないすか? 自分でよければお使いに行っても構いませんよ」

「そうねー…キャベツ一玉・牛ひき肉300グラム・玉ねぎ二個・パン粉・牛乳・コーンスターチ・ベーコン・にんじん二本・セロリ一本・トマト一個・ブロッコリーローリエ・固形ブイヨン・白ワイン一本・サワークリームが無ければ生クリームで代用可…覚えた?」

「ちょっ、そんな数を急に言われても覚えられるわけないですから! しかもそんなに材料いるんすか? あと、コーンスターチとかローリエって食べ物すか?」

コーンスターチはとうもろこしのでんぷんで、ローリエはゲッケイジュの葉を乾燥させた香辛料よ。まあ、本格的でなければ少ない材料で作れるけど、あなた次第ね」

「……あっ!カレーライスだったら自分でも作ってますから、どうすか?」

「あなたのカレーライス? ふんっ辛そう…材料は、えーっと…」

「あ〜もう、一緒に行って買い物しましょう? ねぇ先輩、ここで待ってますから」

「ホルス…肩凝るからそろそろ隣に座って」

「先輩の膝の上でもい…いたっ」

「調子乗らないの。…はぁ、自宅なのに落ち着かないわ…まあいいんだけど」

 

大きな桃と鳴海先輩と矢代さん (やしなる)

大きな桃と鳴海先輩と矢代さん (やしなる)

 


 少し昔、あるところに矢代さんと鳴海先輩が暮らしていました。

 

 矢代さんは山へ芝刈りに、鳴海先輩は川へ洗濯に、それぞれ出かけて行きました。

 

 矢代さんは体力自慢なので、芝刈りを早々と済ませると村の見回りに出かけていきます。

鳴海先輩はサングラスをかけて、つばの広い帽子を被り、しぶしぶと川で二人分の洗濯を始めました。

 鳴海先輩がしばらく洗濯をしていると、なんと上流から大きな桃がどんぶらこ~どんぶらこ~と流れてくるのが見えて、「ワッ!何なのあの大きな桃は…」と鳴海先輩は恐々と見ていました。

 大きな桃が流れていくのを眺めながら、見なかったことにしようと決めた鳴海先輩は、お洗濯の手を再開しました。

 洗濯を再開した鳴海先輩の元へ村の見回りを終えた矢代さんがやってきて、目敏く流れていく大きな桃を見つけてしまい、膝の少し上までの水位くらいで入れると判断した矢代さんは、靴と靴下を脱いでザブザブと川へと入って行くのが見えました。

 鳴海先輩の驚きを他所に、矢代さんは大きな桃をよいしょと持ち上げて、鳴海先輩をすぐに見つけると、にこやかに手を振っていました。

 川から出て大きな桃を地面に置き、鳴海先輩が近寄ってきて、「気持ち悪いから無視していたのに何で取ってきたの?!」と矢代さんを怒りました。

 矢代さんは「誰かの落し物だったらちゃんと拾って、自警団(小さな警察の組織みたいなもの)へ届けてあげたいすよ!」と馬鹿正直に答えたので、鳴海先輩は「勝手にすれば…」と半ば呆れ顔で言いました。

 


 村にある自警団には矢代さんと鳴海先輩も所属していて、今日は草加さんが自警団の管理担当の日番として赴任していました。

 行きたくないと嫌々な鳴海先輩に付き添ってもらった矢代さんは、大きな桃をよいしょと運んで自警団へと持ってきました。

「また迷惑な落し物が来たな…」とぼそりと呟く草加さんと、「本当にいい迷惑よ」と御立腹な鳴海先輩ですが、矢代さんはまた良い行いをしたとスッキリ爽やかな笑顔で二人を見ていました。

 

 鳴海先輩は、あとは自警団に大きな桃を預けることに勝手に決めて、お洗濯の続きがあるからと言って出て行ってしまい、矢代さんも草加さんへと引き継いで、颯爽と鳴海先輩の後を追いかけて行きました。

 二人でお洗濯を済ませてお家へ帰ると、矢代さんが鳴海先輩のお疲れの体を気遣い、「今晩はわたしが料理をします」と言い出したため、慌てて「自分がやるからホルスは読み書きでも練習しときなさい!」と言って、鳴海先輩は晩御飯の支度を始めました。

 矢代さんが作るおかずは味付けが濃いため、鳴海先輩は極力自分が率先して作ることに決めていました。決して、矢代さんの喜んだ顔が見たいだなんて思ってるわけではないと、周りと食事時の会話が出ると話していますが、本心では美味しそうに食べてくれる矢代さんが大好きで可愛いと思っているのですが…正直になれない鳴海先輩です。

 


 なんやかんやで仲良く暮らす二人はお互いに想いは伝えていませんが幸せを感じていました。

 


翌日…

 


 今日は鳴海先輩が自警団の管理担当の日番の為行ってみると、大きな桃は既に無くなっていたのでした。

誰かが持って帰ってくれたのだと思い、朝の見回りから帰ってきた草加さんに尋ねてみたところ、財津さんが恐妻家の奥さんに頼まれて隣の村まで買いに行く途中で川へと落としてしまった物だったそうです…

 何であんな桃が売っているの?と疑問に思う鳴海先輩でしたが、もう忘れようと思い、大好きな読書をしながら半日を自警団で過ごしたのでした。

 


 翌日、財津さんから話を聞いた矢代さんが隣の村まで大きな桃を買いに行く…という話があったそうな…

 

 

 

めでたし、めでたし。

ハッピーバースデー波瑠さん☆★

f:id:miyurei1114:20180618005712j:image

「波瑠ちゃん、お誕生日おめでとう!」

「わあぁ!京香さんありがとうございます!!すっごく嬉しいです♪」

 

 

という会話とやりとりがあったらいいなぁと思って描きました〜

ワインの酔いが覚めないうちに (やしなる)

 ワインの酔いが覚めないうちに (やしなる)

 


 時刻は既に23時を回っていた。週末の疲労感で体の重みを感じつつも、心は愛しい彼女への想いで満たされていて元気だった。

 その彼女から、お酒に合うチーズを買ってくるように言付かり、お財布を預かって24時間スーパーまで急ぎ足でやって来た。まさかお財布まで渡されるとは思わず、自分に預けていいんすか?と尋ねると、あなただから信頼して預けられるのよ…と嬉しい言葉を胸に留めて、お買い物を始めた。

 彼女ご所望のチーズとわたしの好きな商品を買っていいとの事なので、スナック菓子を一つとスライスサラミをカゴに入れてレジへと持って行く。レジには自分より歳がいくつか下の女性店員が愛嬌良く接客してくれたので、爽やかな笑顔でお礼を伝えると、お釣りを渡す手が震えて何故だか頬を染めている様に見えた。

 


 彼女のマンションの一室まで戻り、リビングルームを覗くと、そこにはもう既にアルコールが入り出来上がりつつある鳴海先輩がいるのだった。

 


「ちょっと先輩!自分を待たずに飲み始めるなんてヒドイすよ!」

「おかえり、あなたが行く前にワインをちょうど開けていたでしょう、それに私はあなたのような忠犬じゃないから待ては出来ないの」

「先輩だから構いませんが、恋人としては少し切ないす…」

「あなたもこちらへ来なさい」

 


 先輩はソファーに片足を組んでゆったりと座り、隣に来るようにとわたしを促している。

唇を尖らせて不満気な態度のまま隣に座り、先輩から顔を逸らして腕を組む姿勢を取った。

 


「…朋、こちらを向いて…お願い」

 先輩の声色が甘くて優しい理沙さんへと変わるのが、片耳に触れた息遣いで分かった。

「…理沙さんも少しは反省してください!…わたし、怒ってるんすよ…」

「…悪かったわ…ごめんなさい。だからあなたの怒った顔も私に見せて…」

「む~っ、怒った顔が見たいだなんて悪趣味な理沙さんすね」

 


 訝し気に顔をそちらへ向け、理沙さんに視線を合わせると、突然、唇に柔らかな感触が触れ合った。一度ゆっくりと離したら、今度は吸い寄せられるように熱を帯びるような口付けを交わした。

 


「…ふぅ…理沙さんの口の中、ワインの香りがして…飲んでないのに酔ってしまいそうです」

「と~もっ…ふっ、あはっはっは~怒った顔も好きってわたしもバカよねー!ふっふふふ」

「あーあ、理沙さんの酔っ払いのテンションが出ちゃってるよ…これじゃあわたしがセーブしないとダメすね」

「まだまだ飲むのよ。ほら、朋が買ってきてくれたスパークリングワインも美味しそうよ~ワンワンお手!」

「………わふわふ、お手……あ、先輩のチーズ開けときますね、スライスサラミもあるんでどうぞ」

「先輩じゃなくて、名前がいい………朋の匂い…好きよ…」

 わたしに身を寄せて、肩に顔を擦りよせて匂いを堪能している理沙さんの肩に腕を回し、愛しさが伝わりますようにと想いを込めて、額に口付けを一つ落とした。

 


***

 


 その後も飲み交わしていたが夜も遅くなっていた為、理沙さんに水を飲ませ、酔いが幾分か覚めたみたいで一安心だ。

 


「そういえば、さっき買い物をしたスーパーの女性店員さんが、お釣りを渡す時に頬が赤くて手が震えていたんすけど、もしかして恐がらせてしまったんすかね??」

「朋、あなたその女性店員さんに人懐っこい笑顔でお礼を言ったんじゃないのかしら?」

「んー…爽やかにありがとう!とは伝えましたよ。なんか可笑しかったんですかね?」

「…相変わらずの天然で鈍感だわ。その辺のどこにでもいるような普通の人と比べると、あなたのルックスだと爽やかに素敵な笑顔でコロリっと惚れてしまうような女性も多いのよ、無自覚なのが本当にタチが悪いのよね」

「タチが悪いとは聞き捨てならないすね!わたしは普段と変わりなく、誰とでも平等に接しているつもりですけど」

「いいえ、あなたは太陽のような笑顔が素敵な人間だと自覚すべきよ…って、何を言わせるの!!」

「えぇっ、ご自分で言ってわたしに当たらないでくださいよ~」

 

 

 

 これからは理沙さんに誤解されないように、笑顔は控えめにしようと思ったのでした。

 

 

 

…終わり。

矢代が急いで駆けつけてくれたよ

f:id:miyurei1114:20180616010101j:image

「自分は、先輩が自分の身代わりに死んだんじゃないかと思って…」

 

f:id:miyurei1114:20180616010252j:image

「何よ身代わりって…やだ、何泣いてんの?」

 

 

 実際の矢代は涙は流してないっぽいですが、先輩に何か起こったら、堪らず涙を零して泣いちゃうのかなぁと思って見てました。

最終話でも好きなシーンの一つです。

矢代のお弁当奮闘記 (やしなる) おまけ

矢代のお弁当奮闘記 (やしなる) おまけ

 


 ただし!問題は味付けよ…見た目とおかずのバランスは良くても、味だけは食べてみないと評価が出来ない。

 わたしは矢代が持って来ているカトラリーケースからスプーンを手に取って、鶏そぼろの卵を口に運んだ。

 


(…可もなく不可もなしという味ね、卵はそう失敗しないでしょう…次は…)

 


「先輩のお弁当最高す!愛情がはぎゅーっと詰まってますね」

「はぎゅー?なに?その擬音語」

「しますか?いいすよ~いつでもこの腕の中は先輩のためだけに空けてますから!」

「よく意味が分からないけど、遠慮しておくわ」

 

 私は鶏そぼろを口に運び、しばらく口の中で噛んでいたところ、これは危険だと脳から信号を受信して、スプーンとお弁当をローテーブルの上に置いた。

 

「ホルス!!あなたこの鶏そぼろの味付けは何?醤油が濃すぎなのと、砂糖が入ってなくてただの辛い鶏ひき肉じゃないの…あなた、私を早死にさせたいの?!」

 許さないと怒りを露わにして、矢代を睨み付ける。

「いいえ、自分と一緒に長生きしてください!!…えーっと、もしかしたら砂糖と塩を入れ間違えたっぽいっす。でへへっ」

「でへへっじゃないわよ。次は料理の『さしすせそ』を教えないといけないのね…先が長くなりそう…」

  頭を抱えてしまう私の隣で、ご飯をパクパク食べる矢代の頬にご飯粒が付いているのが目につき、どうしても気になったのでスッと掴んでパクッと食べた。

 


「っ!!!? せせせ、先輩…そんな突然、ぁあああ!!胸のトキメキが抑えられなくなるじゃないすか~!」

「??? …ホルス、もう少し静かに食べなさい」

 


 隣で悶絶している矢代を横目で見ながら、私はチョップドサラダを味わって食べているのだった。

 

 

 

…おしまい