その出張、異議あり!in関西 (パラレルオフィスラブ)

その出張、異議あり!in関西 (パラレルオフィスラブ)

 

 

*本編から半年くらい前へと遡った内容になっています。

*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

 

 


 新幹線が主要駅に到着しOsaka Stationへ移動後、取引先のお迎えの車に乗車して会社へと向かって行く。

 さすがは部長さんともなると手厚いもてなしを受けるのだと思いながら、ヒラ社員のわたしは同行補佐として緊張しながら助手席で縮こまっていた。

 

「君は新垣さんやったね、結構緊張してます?」

 運転手の男性社員らしき人物が話し掛けてきている。

「えっと、まあ、少ししていますが…」

「まあこっち来たら関西弁で慣れない思うけど、リラックスして大丈夫やからね」

 戸田が年中関西弁で話し掛けてくれるから寧ろ慣れてるんですけど…なんて、普段から聞き慣れていると返事しようか考えていると、天海さんが後部座席から助け船を出してくれた。

「その子の一番の親友が関西弁バリバリの子で慣れてるから平気なのよ。それよりも安全運転だけ心掛けていなさい」

 少々不機嫌さが混じる声色の天海さんだと感じ、運転手の男性に対して牽制してくれている様子で安心できるのだった。

 

 会社に到着し、挨拶から始まりお互いの提携業務の進捗確認や業務の通達を交わしたりと緊張感の中話が進んでいった。

 天海部長と先方の上役との中の会話で自分が関わることが全くといって無く、どうして同行しているのか現時点では不明である。

 しかし、その疑問はすぐに解けることとなった。

 

 お昼の会食の席で男性社員が大勢詰め掛けて来た為、会食会場が一時的にわたしとのお見合いの会のようなものになってしまっていた。

 

「新垣さんのご趣味は…?」

「休日はゴロゴロして漫画を読むことです」

 俺もなんですよ気が合いますねと言われても、そうですかとしか言えない。

 次の方…

「好きな動物は?」

「爬虫のトカゲをペットで飼っています」

 何でデレッとしてるの?反応が微妙。

 次の方…

「お得意な料理は?」

「レシピを見ない物だとお味噌汁を…」

「僕に味噌汁を作ってくれませんか?」

 興味が無い人から食いついて来られても困るし…

 それと、家族とトッティーと愛未にしか作らないから。

「…あの、そろそろお時間なのですみません」

 失礼しますと言って席を立ち、天海さんが着席している背後に立ってお手洗いに行く了承を得てひとまず会場を後にした。

 

 トイレの洗面台で手を洗いタオルハンカチで手を拭き取り、鏡の前でリップクリームをひと塗りした。

 

(この状況は一体何なのよ…会社同士の都合もあるから、誰とも付き合う気はないとはっきりと言えないし、トッティーの心配事が当たっていたのかもしれないな…)

 

 自分の会社内とは違う状況下では自由が利かず、いつも自分の傍に居てこの人は苦手だと思う人を片っ端から上手に追い払ってくれている戸田の存在は、自分の中でも大きいのだと身に染みるように感じるから…

トッティー…早く隣に帰りたいよ…」

 その場でぽつりと呟くと、あなたとの距離が縮まるような気がした。

 

 午後からは一旦その会社から離れて未解決商事の関西支社へと入り、部長クラスの幹部や歓迎ムードで勝手に距離を縮めて来る者などと接することで精神的な疲労が蓄積していくのだった。

 そして、晩からは再び昼間の会社役員の方々の接待を受けての食事会へと参加し、うちの者の中で誰か気に入った人はいたか?やら、こちらさえ良かったお近づきになりたいやら、縁談の話が出てくると頭が痛くなり横に座る天海さんのフォロー無しではこの場所に居られないと悟り、そこから片時も離れずいる内に天海さんの気遣いと優しさを感じて、その日半日関わった誰よりも素敵な人だと思った。

 

 ホテルにチェックインしてようやく開放感を得られたが、上司と同室という状況なのでもう暫くは気を緩められずにいるのである。

 

「このホテルの最上階にスパがあるから行ってくるわね〜新垣は休んでからゆっくり行くといいわ」

「ありがとうございます。そうさせていただきます」

 客室内にある椅子に座るわたしの前に腰を曲げて顔を覗き込み頭を撫でてくれる天海さんに甘えることにしよう。

 

 天海さんがその場を離れたのを見てスマホのチェックをしていると、昼間隣に帰りたいと強く思った相手からの着信の通知が来て、慌てて通話ボタンを押した。

 

「もしもしトッティー?」

[おっガッちゃんお疲れ〜! 直ぐ出たからびっくりしたわ。体大丈夫? 仕事中ずっと心配しとったんよ」

「ありがとう、体は大丈夫だよ」

 

 疲れた心が落ち着けると安堵したわたしは、戸田との会話を楽しみ始めるのだった。

ハッピーバースデーひがさん

f:id:miyurei1114:20190614232238j:image

あらがきさんに続き、今日はひがさんのお誕生日なので、ミニミニとだがきちゃん付きイラストでお祝い〜〜(=´∀`)人(´∀`=)

ケーキをこっそりと狙ってるミニミニとだがきちゃん←

次ははるさんと、最推しの美月さんは壮大に出来たらいいなぁ。

京香ママの子離れ奮闘記 ⑶

京香ママの子離れ奮闘記 ⑶

 


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*京香さんがお母さんというパラレル設定でも大丈夫な方は、どうぞお付き合いくださいませ。

 


「二人が仲良く一緒にいるのはいいとして、比嘉さんに一つ質問します…」

「はい、何でしょう?」

 

 比嘉さんはデレっと緩んでいた顔からガラッと真剣な顔つきに変わり、わたしと真正面から向き合ってくれた。

 

「あなたは波瑠ちゃんとお付き合いをするとなると、どちらが嫁だと思うのかを聞きたいわ」

 

 比嘉さんは波瑠ちゃんをジッと眺めてから顔を緩ませたので、何かイケナイ想像でも浮かべているのだろうと思い、呆れてお叱りを入れようと口を開きかけて直ぐに、全く予想していない答えが返ってきたのだった。

 

「どちらかといえば波瑠ちゃんの旦那さんなりたいですが、わたしは本日改めて京香さんとお話し出来たことが嬉しくて、京香さんの娘になりたいと思いました」

 

 (どうしよう…可愛い…そんな答え予想外だわ…)

 

 頬を染めて照れ笑いする姿が物凄く可愛すぎたので、波瑠ちゃんは素敵なお嬢さんに惚れたようです。

 

「ママ、急に身震いしてトイレでも行きたくなってる?」

 波瑠ちゃんの天然な問いかけに笑ってしまう。

「あははっトイレじゃないのよ、わたしの娘になりたいと言ってくれて胸が震えるくらい嬉しかったの」

「お料理がお上手で仕事も家事も娘さん達への愛情も注がれているお母さんって素敵ですね〜」

「比嘉さんたらあんまり褒められると照れるじゃない、うふふっ今晩の夕食も食べて行くといいわ」

「わ〜ありがとうございます!」

 

 最近娘達から過保護だの過干渉してこないで!とか、しょっちゅうお風呂覗きに来ないで!やら、夜な夜なベッドに潜り込んでくるの禁止と散々言われているからか、比嘉さんが天使のようだと思うほど心舞い上がっていた。

 

「ママ〜、愛未さんがわたしの嫁だったら交際オーケーだったりする?」

「そうよ、波瑠ちゃんの嫁だったらオーケーするわ。だってわたし、娘を嫁に出したくないんだもの」

 

 娘達との交際相手の第一条件に嫁入りか婿入りしてもらえる人以外なら門前払いをすると(勝手に)決めているのである。

 嫁入りして同居してくれるなら同性の相手でも構わないし、溺愛する娘が増えて万々歳という、かなり世間からずれてる考えだと思われるでしょう。

 

「京香ママさん安心してください!わたしは、年の離れた弟と妹がいるので嫁入りしても問題無いのですよ〜〜」

「それなら将来安泰ね!よかったわ〜〜」

 

 テーブルの上でわたしと比嘉さんはお互いに腕を伸ばして両手で固い握手を交わしている姿を見ている波瑠ちゃんは、これで本当にいいのだろうか…うーんと首を傾げて悩ましい顔をしているのが見えた。

 

『子離れ出来ないダメママ街道一直線だから、そういう大事なことは簡単に許しちゃダメ!!』と祐希さんが怒る声が頭上から聞こえた気がした。

「はっ!!祐希さんの声が下りてきたわ…」

「モグモグモグ…んぐぐっ…!?ゴホッゴホッ…パパなんて言ってるの?」

「波瑠ちゃん大丈夫?というか、パパの声ってどういうこと??」

 

 サンドイッチを喉に詰まらせた波瑠ちゃんの背中をさすってあげる比嘉さんが驚きの表情で尋ねてきたので、旦那さんの言葉を二人に伝えることにした。

 

「(子離れ出来ないダメママ街道一直線だから) 、そういう大事なことは簡単に許しちゃダメ!!と言っていたわ…」

「んん?文頭でいきなり読点から始まったのが気になったんだけど!」

「そこは気にしないでいいのよ」

「気になるよね、波瑠ちゃん」

 

 波瑠ちゃんはこくんこくんと何度か頷き、珍しく目を細めてわたしを見つめている。

 

「とにかく、ママは祐希さんの声を頼りに、許すか許さないかこの場では決めずに、二人の関係を温かく時々厳しく見守ることにするわね」

「やっぱそうだよねぇ…愛未さん、なんかごめんね」

「ううん、謝らないで。波瑠ちゃんを誰より何よりも大事にして、ママとパパに認めてもらえるように頑張るね!」

 

 比嘉さんは波瑠ちゃんにニコニコ笑顔を見せガッツポーズをしており、この子なら認める日も近いのではないかと思ったのは二人には秘密にしておこう。


 京香ママによる恋愛過干渉の始まりになる予感がすると記入しておく…。

京香ママの子離れ奮闘記 ⑵

京香ママの子離れ奮闘記 ⑵

 


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*京香さんがお母さんというパラレル設定でも大丈夫な方は、どうぞお付き合いくださいませ。

 


 キッチンに立ち、少し遅目の朝食にハムチーズレタスのサンドイッチとスクランブルエッグを作りお皿に取り分けてキッチンカウンターに置いた。

 休日でもしっかりと朝昼晩とご飯を作ってあげて食べさせる、それが実家を居心地良くさせるポイントの一つであるのです…って、自分で意識的に親離れさせないようにしているじゃないの!とホットコーヒーを淹れながらいつもどおりの自分の脳内にツッコミを入れた。

 

 頭を抱えて唸っているところにゆったりとした普段着に着替え終えた波瑠ちゃんがやって来た。

 

「ママ、頭痛いの? 大丈夫?」

「波瑠ちゃんありがとう、ママは大丈夫だから朝食をとる準備しましょう」

「はーい、愛未さんはそっち座っててね」

「は〜い、失礼します」

 

 比嘉さんも波瑠ちゃんの大きめの服を借りて身につけており、きちんとお辞儀をしてから椅子を引いて着席し、嬉しそうに微笑みながらわたしと波瑠ちゃんを眺め始めていた。

 

「比嘉さん随分と嬉しそうね」

「波瑠ちゃんはお母さんと仲良しなのが見ていてすぐにわかるから、わたしも嬉しくなるんですよ」

 

 キッチンカウンターからサンドイッチとスクランブルエッグのお皿を手に取り、比嘉さんの手前に置くとありがとうございますとお礼の言葉をもらう。

 

「比嘉さんはお母さんとは仲良いの?」

「はいっ!とっても仲良くてお友達みたいに一緒にショッピングしたり映画を観たりしていますね。ただ…」

 どこか寂しげな雰囲気を纏い遠くを見つめる比嘉さん。

「愛未さんの実家は沖縄だから、お母さんや家族と過ごす時間が限られてるんだよ」

「そうそう、だから波瑠ちゃんや上二人のお姉ちゃんがママと一緒に生活してるのが微笑ましくて自分のことみたいに嬉しいし、ちょっと羨ましいなぁなんて思ってます」

「比嘉さん…わたしのことももう一人のママだと思ってくれていいのよ!」

「京香さん…ありがとうございます!」

 椅子に座っている比嘉さんをハグして包み込んであげた。

「…ママまで一瞬で虜にするなんて…さすが人懐っこい愛未先輩だな…」

 

 苦笑い気味な波瑠ちゃんはそろそろ愛未さんから離れて朝ご飯を食べようと言った。

 

 テーブルに飲み物まで全て揃い全員着席し終えて、朝食が二人分だけなのを見た波瑠ちゃんは気になって尋ねてきた。

 

「二人分ってことはママはもう食べたんだね。お姉ちゃん達は?」

「上のお姉ちゃんはモモちゃんとチョコちゃん(*天海家のペットのワンちゃん。2018年犬の名前ランキング一位と二位から付けました)のお散歩中で、あの子はまたお泊りしてくるって…ハァァ…」

「えっ、姉さんこの前もお泊りしてたよね…」

 

 長女は飼い犬のお散歩中で、次女はその⑴で書いたとおりに先輩の家でお泊りしているらしい…

 次女については、昨年辺りから家族と接する態度がガラッと変わってしまい、突然あの子に何が起こってしまったのか母親のわたしにもよくわからなくて、どうしたものかと途方にくれているのである。

 

 その話題は後々出てくるとして…その前に、母の目の前で仲良くスクランブルエッグを食べさせ合っている二人の関係について尋ねなければいけないではないか。

 

「ごほん、波瑠ちゃんと比嘉さんはどういった御関係なのか話してくれるかしら?」

「…愛未さんはわたしの大好きな人です」

 波瑠ちゃんは何の躊躇いもなく直球に好意を寄せていると語った。

「えっと確か…昨晩はお酒を飲み過ぎて酔い潰れてしまった波瑠ちゃんをお家のお部屋まで送って来て、蒸し暑いから愛未さんも脱いで〜!と言いながら止める間もなく自分で素早く脱ぎわたしも衣服を脱がされて抱き合ったまま二人は寝落ちしたのでした。以上が昨晩の主なハイライトです」

 

 なんと、うちの波瑠ちゃんの方が酔い潰れて比嘉さんにご迷惑をおかけする問題人物でした。

 

「…要するに、波瑠ちゃんが比嘉さんを脱がせてベッドに連れ込んで何もせずに抱き合ってぐっすり寝てたら、朝遅めにわたしが起こしに来ていたという流れでオーケー?」

「大体そうなんだけど、愛未さんとはこれから深い仲になりたいし、大好きだからずっと一緒にいたいの!」

 

 母に堂々と交際します宣言をするとは、三女は長女に似て本当に好きな物には好きだとはっきりと言うタイプなのだと分かっていても寂しいと感じてしまうのが母なのである。

 

「波瑠ちゃんありがとう!わたしも波瑠ちゃんが一番大好きだしずっと一緒にいたいと思ってるよ」

 

 二人は甘々で誰にも邪魔なんて出来ないようなオーラを放ち、わたしが待ったをかけるのは今のところ無理だと早々と判断し、ここで一つ重要な質問をすることにした。

 

コアラのとだみつちゃん

f:id:miyurei1114:20190612211150j:image

※リラック◯ではありませんw

久々にコアラのマーチを食べてたら絵柄募集キャンペーンが書いてあったので、応募できませんがお絵描きしてみた。

昨日のガキさんバースデーが5時間半弱で、コアラとだみつちゃんは1時間ちょいの作品。

ハッピーバースデーあらがきさん☆★

f:id:miyurei1114:20190612033101j:image

今日は大好きなあらがきさんの誕生日なので、とだがきひがイラストでお祝い〜〜(=´∀`)人(´∀`=)

3日後にひがさん、その3日後にはるさん、その1日後に美月さん、その2日後にさきさん、お誕生日多過ぎ問題w