切っても切り離せないあなたとの絆

切っても切り離せないあなたとの絆

(きょ+みつ)

 

 

*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*恋愛関係とはまた違った愛情もあるのかな…という二人の繋がりと距離感を書いてみました。

*上司と部下の関係の中だと、お気に入りのお二人です。

 


 あの年末年始の集まりで、わたしの心の機微を察している人物が実はもう一人だけいたのである…

 

「…波瑠ちゃん…どうしてなの…胸がズキズキ痛くて苦しいよ……ごほっ、ごほっ…ぅぅ…」

 許容量を超えて飲んでいることを知られたくなかった為、お手洗いに行くフリをしてやって来た洗面台に両手を付き、前のめりの姿勢で軽く嘔吐していたところ、その人物が気遣うように声を掛けて来たのだった。

「谷村さん大丈夫…? 少し飲み過ぎじゃないのかしら?」

 背中に手を当てて優しく摩ってくれているのは、憎き恋のライバルであり、愛しき上司の京香さんだ。

「…ごほっ…これくらいじゃあ飲んでるうちに入りませんよ…放っておいてください」

「…あなたがあれだけ飲むのは今まで見たことがないもの、心配になるわよ」

「ふーん…ライバルも心配してくれるんですねー。馬鹿みたいにお優しい方でホント嫌になりますよ…」

「・・・・」

 わたしが憎まれ口を聞いても来た時と変わらず心配そうな顔でわたしを見続けている京香さんは本当に優しい人で、どんなに憎くてもその人柄を嫌いになれるわけがないのだと思った。

「波瑠ちゃんに全く相手にされていないわたしはいい気味でしょう?」

 自分で自分を嘲笑う…

「そんなことは思ってない…わたしもまだ受け止めきれていないもの…あなたの複雑な想いも理解出来るわ」

 その優しさが余計に自分を惨めにさせてしまうから…

「あなたからの同情なんて一切いりませんから!!」

 八つ当たりするわたしは…

「あのね、谷村さん、わたしはあなたと敵対したいわけではないのよ…!」

 なんてカッコ悪いんだろう…

「わたしだって…! わたしだって…ずっと可愛がってもらって指導してくださっているあなたと敵対するのは、本当のことを言えば心苦しいんです…」

「苦しくさせてしまってごめんなさい…」

「謝らないでください、惨めになるだけですから…」

 突き放そうにも一歩ずつ歩んで来て無防備な姿で心を捕らえてくる、そんな律儀な人なのだと知っている。

「あなたは営業部の中でも一番と言ってもいいくらい可愛い部下で、手の焼く部下でもあるけど、いつも心配している…わたしにとって大事な愛娘みたいだと思っているのよ…」

 京香さんに頭を撫でられ、そっと抱き寄せられた。

 どうしてこんな可愛げのない人間にも優しいのか理解に苦しむ。

「京香さん…わたしもあなたが…もう一人の母のような大事な人だと…ずっと思っています…」

「ありがとう、その言葉だけでも今年が終わるまでに聞けて良かった…」

 

 腕を回すことも、縋ることも出来なかった。

 放っておいて欲しいのに、心のどこかで心配しても欲しいと、チグハグな想いがあったりする。

 大嫌いだけど本当は大好き。

 だけど、そんなことは言わない、たぶん見透かされてる筈だから。

 だから、ほんのひと時だけ心を開いてありのままの自分を見せる。

「京香さん、あのね…」

「…うん、なぁに?」

「もう一人、すごく気になる人がいるの…」

「あ、もしかしてあの子のことかしら…?」

「うん、たぶんその人で合ってる…」

「見ていたわ……あの子の傍にいたいのね」

「うん、傍にいたら安心するんだ…でも、こんなのおかしいよね…」

「おかしくないわよ」

「どうして?」

「惹かれてしまうのはいつも偶然じゃなくて必然だもん」

「縋って泣いてわたしをいつまでも求めるように叫んでいたのに、何も言わず立ち去って、傷つけてしまったんだよ」

「時には好きな人を傷付けてしまうことだってあるわ」

「嫌われて忘れられたと思ってた」

「嫌われてないし、忘れられてないから隣に座っていたのよね」

「変な人でしょ」

「変じゃないわ」

「あの人のこと知ってるの?」

「ええ、最近でも時々あなたの姿をオフィスの外から覗きに見に来てたから」

「知らなかった」

「そうね、知らなかったでしょうね」

「わたしはいつも、波瑠ちゃんばかり見てたのかな」

「波瑠ちゃんばかり目で追っていたのは間違いないわよ」

「うん、間違いないね」

「気になる人だから見に来てしまうのよね」

「わたしも気になる人だから見に行ってもいい?」

「ええ、もちろんいいと思う」

「変じゃないかな?」

「変じゃないわ」

「そっか、それなら良かった」

「ええ、大丈夫よ」

 二人きりだと敬語を使わず、母親と会話する感覚で話しかけても怒られることもなく、本当は誰よりも距離が近しい存在でもあった。

「京香さん、いつも酷いことばかり言ってごめんね」

「こちらこそ、何もしてあげられなくてごめんね」

「ううん、心配してくれてありがとう」

「いえいえ、心配くらいはさせてちょうだい」

 ここで二人の距離を置き…

「…はい! どうもありがとうございます」

 わたしは再びいつもと同様である上司と部下の距離感に戻って頭を下げたら、皆さんが集うダイニングへと戻って行った…。

 

熱愛の二人をスクープせよ

熱愛の二人をスクープせよ

(gkhg)

 


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

 


 撮影現場のスタジオ入りをして、楽屋で衣装を着用しスタジオの待機休憩室へ入り、先客がいるのを見つけたわたしはいそいそと近寄って声を掛けた。

「恵梨香おはよう~! 今日は随分と早いね」

「まなみおはよ、わたしもたまには余裕を持って来てみたのよー、偉いでしょ〜」

「偉いねー、というかまあ、いつものんびりの結衣よりかはみんな早いんだけどね」

「それは間違いないな」

 ニカッと笑った戸田は、膝の上に雑誌を乗せて読んでいるみたいで、白黒の写真がぼんやりと見えて何だろうと興味が湧いてしまった。

「なあなあ、愛未さぁ、熱愛発覚!ってホンマなん?」

「ぇ…熱愛…いや、どうだろうねぇ…」

 誰と恋愛中なのかというプライベートの話は親友同士の間柄なのでしていなくもないが、現在交際中の相手は誰にも言わず今のところはひた隠しにしているのである。

「これ見てみ、愛未がイケメンモデルとラブラブデートのスクープ記事が、今日発売のプライデーに載ってんねんけど」

「ええ''っ!! プライデーに撮られたってマジですか…どれ、その写真本当にわたしなの??」

 戸田は手に持つ雑誌をわたしにはいどうぞと手渡してくれたので、わたしは大きな瞳をカッと見開いて噂の記事と写真をよく見てみた。

 

[比嘉 マナミ…イケメンモデルと夜の街でラブラブデート♡ 恋人繋ぎでべったりの上に、路上でキスまで熱く交わし、始終二人の世界というあまりの熱愛っぷりに、結婚間近ではないかと予想される…]

 

(うぁあああ!!! これは二週間前に夕方からデートした時の服装だし…まさかあの日撮られてたなんて…どうしよう、ヤバイ…)

 一応気休めの眼鏡で変装はしていたけれども、デート相手に逢えた喜びと甘々ラブラブという至福の時間に夢中になり過ぎていたわたしは、あの日は特に警戒心が薄れてしまっていたらしいことがわかった。

「まなみー、あんたで間違いないみたいやな」

「あ……う……その……えへっ」

 今のところ笑って誤魔化すしかない。

 だって、その写真に写っているイケメンモデルというのはこの撮影現場の共演者であり…常に世の中の老若男女からの人気を独占するあの子であるのだから、そう易々と言えるわけがないのだ…

「うちの知ってる奴なん?」

「さ、さあ? それはどうだろう…わたしにもわからないなぁ…」

「この写真の愛未の嬉しそうな顔と比べて相手の超クールな顔を見たら、お相手の方が随分と警戒心強くて賢いことは分かるわな」

「…そ、そうね…デートの度にきちんと変装するし、エスコートも上手いし、一緒に居たらものすごく安心するというか…」

「惚気か! じゃあさ、相手のイニシャルだけでも教えてよ~」

 スタジオの待機休憩室で自分の隣に座って興味津々に追求してくる戸田に心が緩んで話してしまいそうになっているが、ここは何としても踏ん張るしかない。

 相手はゆったりと着こなした男性ファッションの上にニット帽とサングラスとブーツで変装しているので、写真だけでは分かる筈がないとたかを括っているが、隣の戸田がわたしの肩に腕を回して顔を頬のすぐ傍まで寄せている方が大変気になってしまう。

 そこへ、助け船を出すべく存在がようやく到着し、わたしは安堵した。

トッティ、もうそろそろ愛未から離れてくれないかな…」

「おっ、のんびり入りのがっちゃんおはよう」

「結衣ぃ…ぁぅー…助けてぇ…」

 遅れてやって来た新垣に涙目でヘルプ信号を送った。

「ムッ…ちょっとトッティー! こっち来てお話しようか…」

「な、なんかがっちゃんめっちゃ機嫌悪くない? まあいいや、なになに~?」

 新垣に腕を引かれて部屋の隅に連れて行かれた戸田に、新垣は真剣な表情で話しているが内容までは聞こえない様子だが…

「えっ!? あれってあんたなのーーっ!! マジでなん?」

 静かに話している新垣の気遣いなど御構い無しに、大声で返事をする戸田に思わず青ざめるしかなかった。

「マジだよ、何か文句ある? 大事な彼女の肩に腕を回してたトッティに、ものっっっすごくイライラしてるんだけど…一発チョップしてもいいかなー?」

「ヒェッ、ごめんなさい! 知らんかったんやし、そんな恐ろしい顔せんといてよー」

「ああぁ…結衣までぶっちゃけてるし、しかも嫉妬してお怒りだし、どうなってるのよ…」

 撮影直前にゴタゴタしているわたし達三人に、他の共演者の方々は何も言わず触れずで、遠巻きに様子を伺っているだけなのが唯一の救いだった。

「ってか、プライデーに撮られるくらい気を緩めてラブラブデートするほどあんたらがお熱いとは知らんかったわ…しかも路チューってどうなの?」

「そりゃあ、大好きな人と一緒にいたら手も繋ぐしキスだってその時したいじゃない、それにプライデーの記事になろうが愛未は誰にも渡さない、それだけだよ」

 男前な新垣さんに胸が熱くなってトキメキに胸が踊っており、実際のわたしも体が勝手に踊り出していたのである。

 わたしが興奮気味に踊るその姿を、二人が若干引き気味に心配そうな視線で自分を見ているとは、出番が呼ばれるまで分からず仕舞いで恥ずかしかったのは言うまでもなかった…

 

 本日分の某ドラマの収録も終えて楽屋へと戻る前に休憩室でコーヒーを飲んでいると、おつかれ~と挨拶した戸田が再び隣に腰掛けてきた。

「あのさ、今度はまなみが男装してわたしとデートしてよ。プライデーに撮られんように気をつけたらいいんだし、名案でしょ」

「結衣一筋なのにするわけないでしょう」

「えー、デートするくらいええやん」

そこへ、最後に収録を終えた新垣がやって来て、わたしと戸田の間に割り込むように腰掛けてきた。

「わっ、ちょっと、そこうちの太ももの上やから!」

「よくない! わたしが一緒に行ってあげるから女子会しようね、いいよね」

「お…OK牧場…」

 戸田の膝の上に乗っている満面の笑みの新垣に、逆らえる者はどこにも居ないのだった…

 あと、これからはもう少しだけ変装を強化して、新垣さんとデートしようと思いました。

 

おしまい。

こーどぶるーの巫女

f:id:miyurei1114:20190418224511j:image

だいぶ昔の百合アニメの神無月の巫女より、白緋冴でパロディ創作して描いてみたよ〜

千歌音→白石さん

姫子→緋山さん

ソウマ→冴島さん

ソウマくんは女子設定に(勝手に)チェンジしましたw

ソウマ冴島さんとキスしてこの人は自分の対の人では無いと感じて泣いてしまう姫子緋山さんとか萌えるし、

千歌音白石さんに刀で刺されて死にかけても、白石さんがその場ですぐに処置を施してくれるから助かる緋山さん(笑)

すみません!ずっとソーマくんだと勘違いしてたところ、ソウマが正しかったので訂正しました。

色ぬりしたら支部に投稿する予定で考え中です!

最推しに最推しのぱいを可愛がってもらうだけの話 (おまけ)

最推しに最推しのぱいを可愛がってもらうだけの話 (おまけ)

(とだみつ+きょ)


*本編の内容から外れた番外編になります。

*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*会話文中心のおまけになります。

 

 

 寝室のベッドの上で不機嫌さを隠しもせずに、プクッと膨れっ面な美月ちゃんが胡座をかいている膝にわたしは頭をゴロゴロと乗せて甘えていた。

「もうごめんて、うちの嫁やからいう印付けてみんなに見せびらかしたいんやもん、許してーな」

「こんな顎の下のほくろ付近までビッシリ痕付いてたら、隠す服が無いでしょう!」

「うちにストールがなんぼでもあるし貸してあげるから、気にしなくてオーケー♪」

「あのねー、ちゃんと反省してます?」

「めっちゃしてるしてる! ……ああ~美月ちゃんのお股ええ匂いやなぁ♡ でへへっ」

「あーもうなんでこんなスケベな人が恋人で愛しくて恋しいのかホンマわからんわ…」

「ふーん、美月ちゃんまた濡れて来てるやろ…ほら、もううちが欲しくて堪らなくなって来たんとちゃうの?」

「…やっ、待って…ちょっ……恵梨香さんのどスケベーーっ……!!」

 


 翌日、足腰がガクガクしたまま出勤した美月ちゃんの上司からわたしは直々に呼び出されてしまい、食品経営企画部の個別会議ブースで椅子を並べて前後に腰掛けてお叱りを受けていた。

「戸田さん、あなたは何故ここに呼び出されたかお分かりですか?」

「もちろんわかっております」

「それで、あなたと谷村さんの交際については反対していないのよ」

「ありがとうございます、さすがスーさんはお心が広いお方ですね」

「…反対はしてませんが、業務に支障が出るような交際は賛成できかねます」

「では、こちらから質問させて頂きますが、鈴木次長が賛成する理想的な交際のお話をお聞かせくださいますでしょうか?」

「それは…そうねえ…」

 


~回想~

「ただいま」

「お帰りなさい、京香さん…ぁ、わわっ」

「ぎゅーっ…んん~やっぱりお疲れの体には美月ちゃんのハグが至高ね」

「京香さん…オフィスでも周り気にせずにハグするのやめません?」

「えっ、同性の上司と部下のスキンシップにはハグが重要だと指南書に書いてあるんだけど」

「どこの指南書ですかそれは! …それより、晩御飯の支度出来てるので食べませんか?」

「そうねえ…目の前の美月ちゃんが一番美味しそうだもの、食欲が湧いてきているわ…」

「いえ、それは食欲ではなくて性欲の間違いでは?」

「いいのよそんな細かいことは気にしないで、さあさあ、メインディッシュはたっぷりと時間を掛けて料理しなくちゃ♡」

「ちょっと…待ってくださ…い……あぁああンンッ(自主規制)」

 


「うがーっ、スーさん!(怒) うちの嫁に何してくれてんのですかーーっ!!」

「ただのイメージよ、大丈夫、実際は何もしてないから」

「当たり前です! というか、オフィスでのハグは実際されてるんですよね?」

「そ、それもイメージ…よ」

「本当ですか?」

「本当…よ」

「Are you sure? (それは確かですか?)」

「…Really. (…本当よ)」

「It's not true! (それは嘘です!)」

「美月ちゃん来てくれたの~うふふっ」

「あ、バレたわ」

「バレたわっじゃないですよ、なかなか仕事に戻られないので様子を見に来てみたら、このお茶会は一体何なんですか?」

「ああこれはね、鈴木次長から直々の呼び出しを受けたって天海さんに報告したら、詫びのコーヒーを淹れて持って行きなさい!と言われて持って来たの」

「ちょうど新商品の試食用お茶菓子がたくさんあったから意見を聞きがてらも含めて呼び出したのよ」

「Is that so? (本当ですか?)」

「「True! (本当!)」」

「Doubt… (疑わしいですね…)」

「嘘か真かはさておき。英語で会話するのは疲れるので、そろそろお仕事に戻りますねー。美月ちゃん、そのストールよう似合っとーよ…チュッ! お邪魔しましたっ♪」

「ぁ、ぅ…えりかさんっ…!!」

「上手いこと回避されたわね…はぁー、さすが天海さんのお気に入りの部下ってところか…あの子なかなか賢い子ね」

「うちが選んだ恋人なので当然です」

「あははっ、惚気てくれるじゃないの。さっ、わたし達もお仕事再開しましょう」

 頬を染めながらぷくっと膨れっ面の美月ちゃんの腰を支えるようにして、京香さんと美月ちゃんは共にお仕事へと戻って行くのでした。