とだくんとあらがきくん (その2)

とだくんとあらがきくん (その2)

 


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

**主要人物はほぼ全員男体化の作品になっておりますので、苦手な方には先にお詫びしておきます。

 


 そんな戸田くんについて、一つ非常に気になっていることがあった。

 戸田くんのデスクの上に置いてある写真立てには何故か二年後輩の谷村くんのオフショットが飾られているのである。

 谷村くんとは、入社二年足らずで営業部門優秀者として年度末の社内表彰式で表彰される程の優れた人材であり、彼の写真を飾ると仕事運や金運が上昇するという噂が食品経営企画部内では有名らしく、この総務部内の女子社員の複数の人間も噂を聞きつけて同様に飾っているのだが、男子で飾っているのは戸田くんただ一人だけなのだった。

 しかも、その写真立てを手に持つと必ずこう呟いているのが密かに聞こえてくる…

『美月くんめっちゃ可愛いよなぁ~チュッ❤︎ 彼とやったらイロイロ…イイコトしてみたいわぁ…』

 

 自分のライバルは女子社員だけではないの…?

 

 しかし、戸田くんは会社内で重たい資料を運んでいる女の子を見つけると、駆け寄って親切に持ってあげている優しい一面を何度も目撃したり報告を聞いていて、その都度彼女たちからお誘いを受けているのに彼の反応と言えば…

「ここまで一緒に運んでくださりありがとうございました」

「いいっていいって、法務部だったらちょうど比嘉くんに会って挨拶したいと思ってたし気にしないで」

「戸田さん、あ、あの…よかったら今度お茶でも飲みに行きませんか?」

「うーん…ごめんやけど、うち好きな子おるんよ。だから、お誘いは誰からも受けてないんよ、ほんまごめんな」

「…はい…わかりました、こちらこそ突然誘ってごめんなさい」

「あー、えりかじゃん、何々~うちの後輩ちゃんをナンパしてたの?」

「違いまーす! ほんならまなみーまた昼食の時間、よろしく~」


 真のライバルはもしかしたら写真立ての中の、はにかみ笑顔の彼なのかもしれないと薄々感じ取っているのだった。

 

 ある日の夕刻を過ぎた頃、社内カフェにて僕は比嘉くんとお茶をしながらお話していた。

「ということなんだけど、まなみくんはどう思う?」

「あ~リキュールがエッセンスで入った絶妙なチョコケーキ、口の中で蕩けて堪らないなぁ…美味しい♪(高い声)」

「おーい、今の話ちゃんと聞いてた?」

「聞いてた聞いてた! えりかはうちの会社の女子に優しく親切でモテモテなのに、ここ一・二年ほど彼女を作らず一途に好きな子がいると、これで合ってる?」

「うん、さすが法務部の中で鍛えられているだけはあるね」

「紗季先輩から、食事中でも話だけは逃さずに聞くようにって毎度口酸っぱく言われてるんだもん、こうなりますよねー」

 比嘉くんの部署の先輩である相武さんは、仕事中のクールな一面とオフの時の柔らかい一面のギャップが可愛くて、年上女性から密かにモテるタイプの人だと、比嘉くん情報より。

「相武さんがまなみくんのことを気に入っているから、ビシバシ言ってくれてるんだよ」

「そうなの、紗季先輩はわたしには厳しいけど優しい人でもあるから、めっちゃ惚れてるんだ」

 先輩に惚れているとは、どういう感じなのか、自分と同じ意味合いの惚れているのかどうかを比嘉くんにズバッと聞いてみたくなった。

「ねぇ、その男が男にめっちゃ惚れてるのって今の時代だと普通なの?」

「おっおお、ぶっちゃけて聞いてくるねぇ」

「だって、写真立ての中の谷村くんにメロメロになってるトッティーの行動に一切突っ込んで来ないじゃない、だからどうなのかなと思って」

 比嘉くんはどう返事しようかしばらくの間思考して、紅茶をふた口飲み淡々と話し出した。

「普通か普通じゃないかで割り振ったりするのは好きじゃないから、それについては答えないけど、多分わたしもえりかも盲目でその人に惹かれてたり惚れているわけではないとだけ教えといてあげる」

「だいぶ核心をつくような深いところまで話してるね」

「だってをお返しすると、写真立ての中の谷村くんにメロメロになってるえりかの気持ちがよくわかるし、ゆいもえりかの一挙手一投足が気になっているくらい彼のことが好きってことなんでしょう?」

 自分のことになるとかなり鈍感な面があるのに、人のことになると敏感に察することが出来る比嘉くんには隠していても言動から既にバレているのだろうと思った。

「僕も彼のことがずっと大好きなんだ…まなみくんにはもう隠さなくてもいいのかな?」

優しく微笑んでうんと頷いてくれる比嘉くん。

「隠さなくてもいいよ、わたしもゆいのことを気に入っているから応援したいし、ビシバシ言う方が愛があるような気がしたりしない?」

「まなみ先輩は相武さんからの愛の鞭だけ受けておけばいいよ」

「えーーっ、わたしもゆいのことを愛してるのに、ビシッと振られてんじゃん」

「はいはい、わたしもまなみくん愛してる大好き気になってる~」

 その言い方ウケるから!と笑って場を和ませてくれる比嘉くんのユーモラスなところが大好きだ。本人には言わないけどね。

 

新たなタイトル画像になります

プロフィールアイコンをとだみつちゃんに変えて、スマホ用のタイトル画像をCB三人娘に変えてみました(๑˃̵ᴗ˂̵)

ブログも少しずつデジタルカラーの流れになってきてますが、すべて指描きしてるのでアナログ絵師の端くれなのでごわす…

f:id:miyurei1114:20190221072014j:image

二人の腕が短すぎてきちんとハグ出来てないやん!と真ん中の方からつっこまれたいです←

メモ書きひとつで触発 オフィスラブ

メモ書きひとつで触発 オフィスラブ

 


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

 


 ある日、夜のはじめ頃のオフィスにて、戸田の机の上に外部の講和会議で貰って来た資料を置こうとすると、謎のメモ書きを見つけてしまった…

 


正妻[天海さん]

愛人[新垣さん]

アバンチュール[谷村さん]

 


「んんー? な、何これ!? …トッティーとの人物関係図??」

「あっ、ガッちゃん帰って来てたの、お帰り~外寒かったでしょ」

 お手洗いにでも行って来たのか、さっぱりした顔をした戸田がわたしに手を振りながらデスクの前まで帰ってきた。

「………うん、寒かったよ」

「今の微妙な間は何?」

トッティー、ハグしてくれる?」

「えー、まだ何人かちらほら残ってるからここでは無理~」

「じゃあいいよ、自分からするし」

「あ、ちょっ…ガッちゃん急にどうしたのさ」

 メモ書きを見て正直ムッとして腹が立っているが、戸田の顔を見ると甘えたい気持ちが勝ってしまうのだ。

「…トッティーにとって、わたしは何者なのかなって…気になる…」

「そうねぇ、自然体でいられる親友であり、一生付き合っていきたい大事な人だよ」

 戸田の話す言葉には嘘偽りなどないと感じて純粋に嬉しかったが、大事な人の意味も色々あって分かりかねるし、机の上のメモ書きと言っていることに矛盾が生じているのはどうしてだろうかと混乱していた。

「そういうガッちゃんはどうなの?」

「う~ん…大事な人=愛人?? それはさすがにイヤだな…」

「あのさ、愛人って何の話してるん? 帰って来てからなんか変だよ」

 変だと言われて反論しようとした時、わたしと戸田の背後に仁王立ちして御立腹な上司の姿が見えて、引き気味にたじろいでしまう。

「コラー、あんた達いつまで抱き合って暖を取っているのよ、それとも私達はラブラブなんです~と周りの人間にアピールしてるわけ?」

「いえ、その…戸田の机の上に変なメモ書きを見つけて、自分が戸田にとって何者かの確認をしているんですが…」

「ねえ結衣、その変なメモ書きって何?」

 戸田から身を離して、メモ書きを目の前まで持ち上げて見せた。

「なになにえーっと…正妻 [天海さん]愛人 [新垣さん]アバンチュール [谷村さん]…はあ? 何やのこれ!!?」

 戸田はメモ書きを読み上げたら、直ぐにパッと取られてしまった。

「わたしのこと愛人だと思ってたらすごくイヤなんですけど…」

「待ってガッちゃん、わたしこんなメモ書いてないし、美月ちゃんに対してだってこんな書き方するわけないもん!」

 わたしの両肩を掴みながら困惑して悔しさを滲ませる顔で釈明している戸田と、二人の側に立ち無言で静観している天海さん。

「じゃあ誰かが書いた悪戯書きってことだよね?」

「そうだよ! うち自身のことだけ書くならまだしも、あの子の名前を書いて誹謗するなんてほんま許せんわ…」

「…愛人よりもアバンチュールに触れると恵梨香は怒りを露わにするのね…なるほど、睨んでた通りだったわ」

 ずっと無言で静観していた天海さんが漸く口を開いたと思ったら、核心をつくような話し振りに一瞬身震いした。

「まさか、これを書かれたのってあなたなんですか…?」

「やだ恵梨香ちゃんったらお顔が怖~い。うん、そうよ~殆ど当たってるよねー?」

「やめてください!! これ以上は我慢出来かねます…」

 戸田を煽って怒らせてどうするつもりなのか見当もつかない状況だ。

「新垣もはっきりと言ってあげなさい、トッティーの愛人なんてお断りだ!ってね」

「天海さんやめてください、ここは仕事場ですから……あ…トッティー…!?」

「…くっ…ぅぅ…美月ちゃんごめん…うちめっちゃ悔しいのにこれ以上この人相手に怒れへん…」

 戸田はメモ書きをクシャッと潰してデスク横に置いてあるゴミ箱にバシッと捨てると、泣き顔を隠すようにオフィスから走って出て行ってしまった。

 

「恵梨香…泣いてましたよ…天海さんはあの子を傷付けたかったんですか?」

「正直言うと、しくじってしまったわ…谷村さん関連であんなに感情を露呈するなんて予想外だったのよ…」

「あの子は谷村さんの体調を誰より先に気にかけてましたし、何かあればわたしや天海さんに対しても噛み付いてくるくらいの愛情深さを感じています…」

「そう…新垣の二人への関心はどうあれ、ブラフをかけて真意を問いかけようとしただけなんだけど…後で謝らないと」

「恵梨香は気が強めだけど繊細で優しい子だって知ってると思っていましたが、あなたにはガッカリですよ!!」

 

 戸田を追いかけようとオフィスを出て歩き、総務部階の休憩室を覗くが見つからず、他の階の休憩室を覗いてみようと思い階段を下って歩いていると、嗚咽を漏らす声が聞こえて戸田が下の階の踊り場にいるのだと確信して近づいて下っていくが、もう一人そこに居る声が聞こえてその場に立ち止まって静かに耳をそばだてるのだった。


「……心痛めなくても大丈夫ですよ…恵梨香さん…」

「…ぅぅぁああ…ホンマは一発ど突きたいくらい悔しくて腹が立ってんけど…あの人にはどうしても出来んかった…」

「…よしよし…大切な人を傷付けんかったからよかったじゃないですか…二人が昔みたいに仲良しでいられるだけでもわたしは十分幸せなんですから…」

「…ごめんな…よく考えてきちんと伝えるから…うちを待っててくれる…?」

「…はい。今はまだ…友達として近くで待っていますね…」

「…うん…ありがとう…」

 


 天海さんの書いたメモ書きは殆ど当たっていないと今の会話を聞いて大体わかった。

 


現恋人 [天海さん]

親友以上恋人未満 [新垣さん]

友達以上で恋焦がれる人 [谷村さん]

 


 これで書き直して、たまには自分も思い切って部長に噛み付いてみるかと考えながら、オフィスへと引き返す階段を上って行った。

 

美月さん

昨晩は美月さんのお絵かきしてました!

f:id:miyurei1114:20190219144222j:image

 左下は、オフィスラブ キャラクターリレーSS④ (中編) より、…やっとつかまえた…の、とだみつちゃん。

 クロスオーバーが木元百々瀬か!と驚いた方もいらっしゃると思いますが、反響が結構あったので続きを書く予定で考えています。

 とだちゃんは美月さんを主演作ゲスト出演に推奨するくらい何かしら気に入っている面があるのではと、ムフフッと萌えている書き手でした←

危険な恋が始まる音が耳に届いた…

*(ドラマ) 未解決の女とBOSSのクロスオーバーものになります。

*キャラクターがドラマの設定上から若干外れていたらすみませんと先にお詫びしておきます。

*木元ちゃんの年齢は百々瀬さんの二つ上にしています。

 

危険な恋が始まる音が耳に届いた…

 

 偶々飲んでいたバーで隣に座って飲み始めたのが彼女と知り合ったきっかけだった。

 自分よりも長身でキリッと整った顔立ちが印象的で、例の暑苦しい刑事の真剣な表情を彷彿とさせる顔に惹かれてしまったのが、これまでの人生でも最大のミスであることは間違いなかった。

あの日の晩、先に話し掛けて来たのは彼女だった。

 

「あの、こちらにはいつも来られているんですか?」

カクテルを一口飲んでカウンターテーブルに置くタイミングを見計らっていたのか、つい先程隣に座って飲み始めていた彼女が話し掛けて来た。

「…今日は偶々この店に辿り着いて飲みたい気分だったんです…あなたは?」

「わたしも偶々ですが、誘った上司に今日は行けないと振られてしまったので…」

 肩に掛かっているゆるいウエーブの髪型から、お洒落に気を使っている印象を受けたのと、気の強そうな瞳と頭の回転が良さそうな部分が垣間見えており、友人として付き合うなら好印象と言った人物かもしれないと思った。

「ふふっ、あなた押しが強そうなのに、その人には相当弱いんでしょうね」

「そうですね、まったく何年経っても追いつけないし敵わない人なんです…それにあの人ったらかなり暑苦しいんですから、腹立つことも多々ありますね」

「こんな初対面のわたしに上司の愚痴を話してもいいの?」

 年齢が近いのか、それとも同性だから気を許しているのか、わたしに対する警戒心が薄いというのはどうしてか、気になってしまう。

「どうしてだろう…あなたとは初めて会った気がしないんですよね…」

「前世では恋人でした、とか言って口説いて来たりして…な〜んて…」

「…すみませんが、もっと近くでお顔を見せてもらってもいいですか…?」

「…えっ?……ぁ……んっ……」

 バーカウンターの隅の席に座るわたしの顔を覗き込み、片手を肩に置いて引き寄せ合うかのように口付けられると、その人の唇に自分からも唇を寄せて深いキスを交わしていた…

「…わたしともう少し一緒に飲んでくれますか?」

「…口説いているなら性別をもう少し考慮した方がいいと思うのですが…」

「確かにそうですよね。…でも、わたしは誰とでもキスしたいと思うわけではないんです」

「誰とでもしないなら、今のキスはどういうこと…?」

「あなたに興味がある…そういう意味です」

 体がカッと燃えるような火照りを感じ始めていて、理性を徐々に溶かしてしまうような情欲を灯した彼女の熱い眼差しを受けているが、このまま流されてしまってもいいわけがない。

「あなたと来るはずだった上司に怒られてしまえばいいんですよ…」

「怒られても構いません。いつもお叱りを受けていますし、もう慣れていますから」

「わたしだって誰でもいいわけではないのに、まったくあなたみたいなタイプにはホント困りますよ…」

 カクテルをググッと飲み干し、彼女の肩に頭を乗せて鎮まらない火照りを持て余していることを、そっと耳元に近づき囁いて伝えたのだった。

「…わたしは木元真美と言います、よければ、あなたのことをもっと教えてくれませんか?」

「…百々瀬佐智です、あなたおいくつですか?」

「わたしは31歳です」

「…そうですか、わたしより2歳年上には見えない可愛らしい童顔なんですね…」

「あの、もうそろそろ綺麗なお姉さんと言われたいんですけど」

「十分に整った顔立ちなのに、これ以上は褒めません…残念でした」

 ふんわりと楽しそうに笑い、抱いているわたしの肩を一撫でし、お店から出ようと言った木元さんと連れ立ってタクシーを拾うと、自分のマンションへと向かって走り出していくのでした。