番犬ではないあなたと (中編)

番犬ではないあなたと (中編)

 


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

 


「待ってよ…ううぅ…結衣、ほっぺた痛いよぉ…」

 

 新垣に平手打ちされた頬に触れ、叩かれた痛みと共に、突き放すような言葉を新垣から初めてぶつけられたことへの悲しみが頬の痛みを倍にしているような気がした。

 わたしは新垣を追い掛けることはせず、食品経営企画部へと向かう階段を降りて行った。

 透明なガラス窓からチラッと中を覗くと、忙しなく業務に従事する社員の方達が見える。

 この部署は会社の中でも一、二を争うくらい忙しいことで有名だと聞いているからか、繁忙期に当たる年末年始に近づくと立ち寄ることすら躊躇いを感じてしまうのだった。

 

「おはようございます戸田さん、うちの部署に何かご用事ですか?」

「わっ!?お、おはようございます…って、な〜んだ波瑠ちゃんか!」

「な〜んだ波瑠ちゃんか!は、ちょっと酷くないですか?まあいいですけど」

「ごめんごめん。あのさ、上の人だと誰でも構わないから、数分程お話させてもらえるようにお願いできるかな?」

「今日は部長も次長も出社前から外回りに出ているんですよね…課長は在席してますが、大丈夫ですか?」

「うん、すぐ終わるからよろしくお願いします」

 

 分かりました、中へどうぞと波瑠ちゃんに続いてオフィスの中へと入っていった。

 外から見ただけでも忙しなく感じていたのに、中はピリピリとしたムードが漂っていて、電話を受けたり掛けたりが断続的に続いている様子に面食らってしまった。

 

「毎年この季節はこんな状況がこの部署だと当たり前の光景なんですよ。夜食にカップラーメンを食べる時間が至福だと言えばよくわかってもらえると思います」

「ごめん、波瑠ちゃんも忙しいのに、わたしに構わず仕事に戻っていいよ」

「いえいえお構いなく、急いで課長を呼んで来ますね」

 

 波瑠ちゃんはわたしをその場に残してすぐに課長を連れて戻ってきた。

 課長の顔を見て、わたしは驚きの声がポロッと出てしまった。

「わっ、マジっすか!?」

 わたしが上げた声にピリピリとした空気が一瞬和んだみたいで、クスクスッと笑う声が所々から聞こえてきた。

 

「相変わらずのムードメーカーなんだね、戸田さん」

「温水さんやないですか!いつの間に異動してたんですか?」

「や~天海さんからここの人員が足りないから数人連れてヘルプへ行くようにって二ヵ月くらい前から来てみたら、いつの間にか課長になってたんだ」

「そうでしたか、次は目指せ部長ですねー!あっこれクリスマスパーティーの案内チラシをお持ちしたので、依頼関係は昨年と同様なので温水さんから上の方にご説明をしてもらってもいいですか?」

「オッケー、任せといて。天海さんにもよろしく伝えといてくれる~?」

「はい、バッチリとお伝えします。それでは忙しい中お騒がせして失礼しました」

 

 一礼と挨拶をして急いで退出した。

 赤くなっている頬はずっと隠していたから誰にもバレていないとタカを括っていたのに、背後の扉からわたしの後を追ってよく見知った人物がオフィスから出て来るのだった。

 

「恵梨香さん、大丈夫?その頬、早く冷やした方がいいですよ」

「あちゃー美月ちゃんにはバレてたんか、めっちゃ恥ずかしいわー」

「ずっと頬を隠しているので観察していたらドンピシャやないですか、綺麗な顔立ちが台無しですよ」

「ニシシッ、言ってくれんね~さすがご近所の出身者だけあるわ」

 

 彼女の入社後に社内の交流イベントで顔を合わせて関西人と知ってから頻繁に交流があり、美月ちゃんとは比嘉とわたしと新垣の関係のように年齢も近いためか、友達という仲で繋がっているのである。

 

「誰にやられたか何となくわかるんですが、彼女を必要以上に構い過ぎない方がいいと思いますよ」

「構い過ぎてるつもりはないんやけど…美月ちゃんからもそう見えてんのかな?」

「大事にしすぎると時々周りが見えなくなるんじゃないかなって、あくまでも個人的な見解です」

「あの子に、わたしと出会った時から口うるさい番犬としか思ってないでしょって言っちゃった…それでバシッと強めに一発もらったんよ」

「なるほど…ですが、恵梨香さんが親友の域を越えて大事にされているのに、そんなこと思っていませんて。それともこれからも彼女のナイトでいるおつもりですか?」

 

 天海さんとのことをまだ美月ちゃんには話していないのに、新垣への想いまで伝えたらどういう反応をするのか薄々分かるような気がした。

 

「わからない…一番隣に居たいって気持ちが高まって抑えがきかなくなって…あの子が欲しくて堪らない時がある…」

「恵梨香さん、それだったらあなたのお気持ちを…」

「谷村さん、もうその辺りで立ち話をお終いにしなさい。お昼休憩と引き換えにするという手段もあるけど、どうしようか?」

 

 わたしと美月ちゃんの側まで来て話を遮ったのは、食品経営企画部の鈴木次長だった。

 鈴木次長は感情的に怒ったりはせずに、柔らかな物腰で嗜めてくれるのがありがたかった。

 

「鈴木次長!?外から戻られたんですね…すみません、直ぐに切り上げて戻ります」

「戸田さんも総務部へ戻って通常業務に就きなさい。あと、天海部長にはわたしから連絡しておくから医務室に寄ってお顔を冷やす物を貰った方がいいわね」

 

 美月ちゃんの上司というだけあって、観察眼が鋭くてこの人には隠し事は出来ないと咄嗟に察した。

 

「ありがとうございます、お手数をおかけしますがよろしくお願いします…美月ちゃん付き合わせてごめんね」

 

 鈴木次長と美月ちゃんに一礼したわたしは医務室へと直ぐに向かうことはせずに、エレベーターに乗って人事部まで迎えに行くことにするのだった。

番犬ではないあなたと (前編)

番犬ではないあなたと (前編)

 


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

 


「今年は総務部と経理・財務部合同主催で社内クリスマスパーティーを開催することが決まったから、それぞれ割り当てた役割りをこなしてもらうようにお願いするわ。出勤日の社内行事なのでくれぐれも手を抜かないように先に注意しておくわね。あと、日程と会場の案内チラシだけ作ってあるから各部署に届けてもらうんで……は法務部に、戸田は食品経営企画部(未解決営業部の正式名称) に、新垣は人事部へ行くよう頼むわね、以上」

 

 この会社は社内の大型行事が盛んで、交流会を行ない親睦を深めて早期離職率を下げるというのが社内方針の一つらしい。

 昨年度は法務部と合同だったが、法務部側の企画準備具合や運営が悪過ぎて天海さんが法務部の部長に仕事が遅すぎると怒鳴り込むというトラブルが起こった為か、今年は経理財務部へ変更になったとの話だ。

 

「ねーガッちゃん、経理財務部の部長って確かあの人だよね…」

「高橋 克典部長だよ、それがどうかした?」

「昨年に続いて天海さんがブチ切れそうなタイプだなぁと思ってさ、ちょっと心配してる」

「まあ確かに飄々として面倒ごとはかわしそうだし、忙しいから企画物は後回しにしそうかも。うちの部長は企画物だろうとしっかりやるし、先輩上司男女関係なく厳しいことで有名だもんね」

「そうそう、鬼上司でこん棒を背中に背負ってるって男性陣から言われてたりするしねー、あの怒ってる顔も素敵ではあるんやけど」

「ぁ…トッティー…うしろ…」

「こっちは桃太郎かってくらい鬼上司とバトルしてんのに、よくもまあ軽々しく言ってくれるわホンマに」

「…ごほん、誰がこん棒背負った鬼上司だって?」

「ぎゃっ!?天海ぶちょうどの…いつの間にそちらに…」

「戸田は桃太郎じゃなくてよく吠えて噛み付く犬でしょうが!ここ最近は特に、あんたに噛まれまくってこっちは傷だらけなのよ」

「ムッ、それはガッちゃんを狙って…ぐむーっ」

「余計なことは言わない…ほら、新垣と案内チラシを配りに行って来なさい」

「わかりました、直ぐに行きます。トッティー早く行こう」

 

 ジタバタ暴れて喧嘩腰な態度の戸田の腕を引いて総務部オフィスから足早に去るように出た。

 掴んでいた戸田の腕を離し、暴れて少々乱れている髪を手で梳くように撫でて直してあげたら、気持ち良さそうに目を細めて微笑んでくれた。

 

トッティーはなんでいつも天海さんに喧嘩腰になるの?」

「だって、天海さんがちょくちょくわたしのことを新垣の番犬みたいな言い方してくるじゃない、それが無性に気に入らないの!」

「それは天海さんだけじゃなくても、そう見えてるような気がするけど…」

「何よ、ガッちゃんもわたしのことを番犬みたいに思っているわけ?」

「えっ、なんで? わたしはそんなこと思ってないよ」

「周りと同様にそう見えてるんだったら思ってるってことと一緒やないの」

「だから思ってないし、勝手に周りと一緒にしないで!」

「どうせ出会った時から口うるさい番犬としか思ってないって隣にいたら何となく分かるし、ずっと守って大事にしてるのにわたしの気持ちが結衣には伝わってない…」

「勝手なことばかり言わないでよ!」

 

 わたしは戸田の頬をバシッと平手打ちで引っ叩いて怒りを露わにした。

 

「っ…痛った……なにすんのよ!?結衣…」

トッティーこそわたしのことをこれっぽっちも分かってないし、わたしを守ってくれなんて頼んでないんだから、もう放っておいて!!!」

「あ……ま、待ってよ……」

 


 戸田の制止を振り切るようにエレベーターまで小走りで向かい、数階上の人事部オフィスが入っている階に到着後、急ぎ足で歩いて行った。

こんな感じで描いてるの図

f:id:miyurei1114:20181209001921j:image

木元ちゃんだけ↑

f:id:miyurei1114:20181209035025j:image

大澤さんもとりあえず出来た↑

 

木元ちゃんと大澤さんの二コマ漫画になる予定イラスト。

こんな感じでデジタルでは描いていってるの図です←

絵師さんの描き途中イラストを見るのも好きなのですが、途中経過をアップしてる人はなかなかいないですよねw

漫画を描く時はデフォルメを描いて来た経験が役に立ちそうで、単純なので内心ガッツポーズしていたりします( ´ ▽ ` )

I want to share true love with you. ⑵ (オフィスラブ)

I want to share true love with you. ⑵ (オフィスラブ)


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

 

 誘惑のような言葉に乗ってきたのか、羊さんはわたしをソファーに押し倒して唇を重ねながら逃さぬよう背中に腕を回してきた。

 キスに夢中になったわたしの手から空になったグラスが絨毯の上に静かに落ち、それを合図に羊さんは上半身を弄り始めて、わたしの胸の柔らかさを堪能するように頬を擦りよせてきたりと、お酒の酔いに任せて好きなように攻めている様子だ。


今日はわたしも(彼女に)酔っているのだろうな…と、ぼんやりしながら思った。


 きちんとした形では付き合っていないのに、羊さんと交わる行為はお互いの家を行き来して数えきれないくらいしている。

 それなのに、どうしてきちんとお付き合いをしないのかと問われたら、彼女の歪みが入った独占欲を受け入れたくないとどうしても心が拒絶してしまうからだろう。

 

 軟派な表の彼女は、女性社員には次々と声を掛けて意識を逸らし、男性社員は饒舌さをフル活用して蹴散らして追い払っていく。

 そう、それはわたしへの意識を一切向けさせない為のパフォーマンスらしいのだ。

 

歪みから生じた重すぎる愛。

そんなことをわざわざしなくても、わたしはあなたしか見えていないのに。

 

 囮になって外敵を遮断するなんて、恋愛も多様化してる現代では要らない行動だと言ってもおそらく聞いてはくれないだろう。

 ただ、誰よりも愛しているけれど、ふらふらしているあなたの彼女なんて御断りだ…

 どうして好き同士なのに、回りくどいことをしたり、わたしは内に秘めた愛情を隠し続けないといけないのか…


 彼女が変わってしまった大きな原因が数年前の過去にあった。


****


 今の部署へと配属されてから先輩である羊さんと出会い、自分と同期配属となった二人を加えた三人を同時に余裕で指導できる程の優秀な人物であり、仕事が早い上に丁寧且つ記憶力が並外れて高くて社交的で非の打ち所がない天才肌な羊さんが憧れの先輩になるのは必然的だった。

 いつも後ろを離れずについて回り、同期の誰よりも早く仕事を覚えて吉田先輩に褒めてもらえた瞬間に仕事のやりがいを感じた。

 

「吉田先輩、宣伝用のプランをいくつか考えて来たのですが、見て頂いてもよろしいでしょうか?」

「おっ、見せて見せて。ほ〜うんうん、どれも面白くて選ぶのを迷ってしまうね」

「迷うくらい決定打が無いということは、何か足りないですか?」

「そうねー、商品を売りたいという気持ちはどれからも感じるんだけど、消費者がグッと食い付くような面白いだけじゃないアピールポイントが欲しいね」

「アピールポイントですか…うーん、ううーん」

「これから考えるコツを教えてあげるし、あんまり一人で考え過ぎなくてもいいから、気楽にいこうよ、相武さん」

「はい先輩!よろしくお願いします」

「うん、いい笑顔だね」

 

 それから、仕事の先輩としての憧れから密かな恋心を抱くようになった頃だったか、先輩からプライベートの時間を共有する誘いが徐々に増えていった。

 仕事後に飲みに行ったり、オフも連れ立って映画を観たり外食したりと、周りの同期とは違い明らかに先輩との距離が近いのだと部署内外問わずの人間に自慢したいくらい浮かれていたみたいだ。

 

 そんなある時、わたしが他部署の先輩から告白を受けている場面に偶々先輩が出くわし、口論に発展して逆上した告白相手からの暴行を庇うように傷を負った先輩が、救急で運ばれる騒ぎとなったその後、先輩の素行が悪くなって関係が一変してしまうのだった。


****


 首筋に顔を埋めて口付けたり吸い付いたりと性急に求めてくる体を押して止めたら、どうして止めたの?という羊さんの困惑を露わにした表情が見えた。


「吉田先輩…あの時受けた傷が未だに癒えていないんですか…?」

「…っ!!その呼び方はもう絶対やめるようにって言ったことを忘れたの?」

「忘れていません…わたしの所為で傷を負った先輩に、あの日からも変わらずに好意と罪悪感を同時に抱えているんですよ…忘れることが出来たらどんなに楽になるのでしょうね…」

 

 ソファーの上で、四つん這いの格好でわたしを見下ろす羊さんに、抱えている想いを吐露してしまうことを止められそうになかった。

皆さんお元気そうですね (パラレルオフィスラブ)

皆さんお元気そうですね (パラレルオフィスラブ)


(※会話文のみです。登場人物のキャラ崩壊気味な会話です。それでも大丈夫な方はどうぞ)


「天海さん…」

「わっ!?ととっ…戸田、般若みたいな険しい顔してどうしたの?」

「わたし、見ちゃったんです…」

「何々?もしかして、クローゼットにしまってある勝負下g…」

「ちがーう!!」

「やーん、戸田が御乱心」

「天海さんの勝負下着とか今はどうでもいいんです」

「今はってことはいつかは見たいの?」

「見たくなくても見せるんでしょう?」

「美女の勝負下着なんてそうそう見れるもんじゃないわよ」

「はいはいそうですね」

「何よその適当な返事…若いからって威張らないの!!」

「天海さんは綺麗なんですから僻まないの!!」

「天海さんは綺麗の部分だけ毎日100回くらい復唱させよう」

「天海さんは綺麗カケル100、はい、言いましたよ」

「喧嘩売ってんじゃないよ戸田ぁああ!」

「喧嘩売ってんのは天海さんでしょおお!」

「だから、何を見て不機嫌なわけ?ハッキリと言えば楽になるから」

「それじゃあハッキリと申し上げます」

「どうぞどうぞ」

「…よくも、わたしの結衣を美味しそうに気持ち良さそうに食べてくれましたね!!なんてことしてくれたん?手を出したら許さん言うたでしょー!」

「ぶはっ!!?な、なんで見てきたみたいになってるの?」

「この目でしっかり見たんやからそう言うてんのに、はぐらかしてもなんもええことないですよ」

「ちょっと、上司に向かって関西弁バリバリになるのはやめなさいよ」

「浮気した恋人に対して使ってるんですが」

「あんたね…『わたしの結衣を』って部分がまず違うでしょう、どっちが恵梨香の恋人なの?」

「どちらかと言えば、新垣です」

「what?あーあー、聞こえなかった~」

「耳を塞いでるから聞こえないに決まってますよ」

「ふんっ、だいぶ悔しいからこっちも反論するけど、あれは新垣Loveな天海Aのラブシーンであって、わたしが抱いたわけではないの。分かる?」

「ほうほう、では、あなたはどなたでしょうか?」

「わたしは戸田Loveな天海Tよ、だから浮気なんてしてないって」

「天海さんが二人いるということは、わたしも戸田Aと戸田Aがいてもいいってことになりますよね…」

「どっちもイニシャルAなのは頂けないわ。んじゃ、戸田Yにしたら?」

「おおっさすが天海さん、ナイスネーミングです!」

「でしょう! ………って、恵梨香も浮気発言してるのに自分を棚に上げて怒らないで」

「だって…天海さんがガッちゃん取ったんだもん…わたしという恋人がありながら、わたしのガッちゃん取ったーーっ…うわぁああん!!」

「ちょっと、良い子だから社内で泣き叫ばないでよ…新垣はまた買ってあげるから、恵梨香ちゃん泣かないで…ねっ」

「ヤダヤダ~ママはいつもまた今度とか言って買ってくれないもん…」

「次こそは絶対買うわ、約束する。恵梨香ちゃんが大好きな勝負下着を!」

「そんなもんいらんからーっ!!」

「誰がママだコラーっ!!」

 

「休憩室で生の昼ドラと新◯劇が見れるなんて豪華ね…お二人とも息がものすごく合ってるのも凄いな」

「ひ、酷すぎる…わたしの扱いが浮気相手とおもちゃ屋さんで買えるお人形みたいでひどい…」

「大丈夫、結衣にはわたしがいるよ。恵梨香のことなんてもう忘れていいんだよ」

「愛未…ありがとう、大好きだよ」

「うふふ~ん、わたしもだいす…(ガッちゃん大好きだよー!」

「と、トッティー…今大好きって言ってくれた…でも、天海さんがいるし…」

「恵梨香は横から入って来ないでください」

「まなみーは早く諦めてください」


(凄い光景を見てしまったというか、ゆっくり休憩ができない階の休憩室だな…)

 

総務部オフィスがある休憩室に気まぐれで来てしまったことを、少し後悔している相武さんが隅の方におりましたとさ…


終わり。

 


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*年齢制限注意 甘いのはわたしか、それとも彼女か (後編) (パラレルオフィスラブ)

甘いのはわたしか、それとも彼女か (後編) (あまがき) (パラレルオフィスラブ)


*少々際どい表現が出てくる為、閲覧注意です。

 

*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

 

 危なかった…この子のペースに一瞬深く引き込まれるかと思い、柄にもないくらい内心焦った。

 気を取り直して、端正に整っている顔のパーツを一つ一つ眺めていると、新垣も同様に頭上から顎の端まで眺める視線を感じた。

 頬をひとつ撫でると目が合い、物欲しそうな瞳の色に変わっていくまで残り僅かといったところだろうか。

 頭を撫でてあげるとニヒッと嬉しそうに頬を緩める笑顔が可愛い。

 頭から額に手を移して前髪を避けてキスを落とす。それから、耳たぶ、鼻の頭、頬、という順番で唇を押し当てていき、最後に両方の瞼にそれぞれ優しく口付けた。

 新垣が瞼を開いてわたし達は見つめ合ったまま、再びお互いの中を探り合うような口付けを交わした。

 服の間から素肌に手を滑らせ入れて腹部を撫でると艶が混じった息を吐き、腹部を撫でる手に強弱をつけて動かしていけば、はぁあっと気持ち良さそうな吐息が聞こえる。

 

もっとその声が聞きたい…

もっと、気持ち良くさせたい…

わたしの指で感じさせて、何度も自分の名前を呼んでイカセタイ…

 

 パジャマをたくし上げてブラを少しずらして頂きを舐めながら舌で転がし、ツンと主張した頂きに吸い付いて甘噛み、唇で包みながら舌で何度も転がしては舐め回していく。

 

「…はぁあ……あぁ……あ…まみさん……ンンッ……」

「…その声……もっと聞きたい……どうしたらいい…?」

 

 膨らみを片一方手のひらで揉みほぐしては押し上げてみたら、新垣は中途半端にずらしているブラを邪魔だと言わんばかりに片手で持ち上げているので、両胸を触って欲しいのだと思いあたって、パジャマを脱がせてから背中に腕を回して全てを取り去ってベッドの端に置いた。

 お待ちかねの両胸を包んで揉み混ぜながら親指で頂きを弄る。 その間に首筋から鎖骨の辺りに掛けて柔らかく甘噛みしていくことも忘れない。

 新垣は鼻にかかった吐息が上がってきており、感じているのが嬉しく思った。

 パジャマのパンツも半端に降ろしてショーツ越しにお尻を撫で、脇腹をツツッと舌で舐めると、びくんっと体を震わせた新垣を見て、背筋にゾクッと甘い痺れが走った。

 

 はぁっ…と吐息が混じった声を溢したわたしに、新垣から心配そうに声を掛けられた。

 

「…あまみさん…大丈夫ですか…?」

「…んーっ、結衣ちゃんの反応が堪らなくて、背筋がゾクッと痺れたの…」

「…あまみさんも気持ちいいんですか?」

「うん、とってもいいわよ…だから、もっとゾクゾクさせてもらうね」

 

 照れながらも嬉しそうにふわっと笑った顔が、この子が特別な存在に見せる一面なのだろう。

 自分から絶対離したくないし、これからも色々な新垣の表情が見てみたいと思った。

 

 自分も寝間着のトレーナーを脱ぎ捨てて上半身はブラだけにして、下半身はハーフパンツのまま、そのまま続きをしていくことにした。

 新垣の下半身に焦点を定めたわたしは、服に隠れている太ももから股を片手でなぞり、流れに乗せて滑らせるように愛撫し、ショーツの上に指を回して触っていると悩まし気に緩んだ声が聞こえた。

 

「ねぇ、結衣ちゃん…ここからどうして欲しいか教えてくれる…?」

 

 ショーツの上からでも分かるくらいにソコは濡れているのに、彼女からわたしを強く求める台詞〈ことば〉が欲しいのである。

 

「…あまみさん…して…ください…」

「んー、もう少しわかりやすく教えて…」

「あまみさんの指で…愛してください…」

「よく言えました、よしよし良い子ね~!たっぷりと結衣ちゃんの大事なトコロを愛してあげる」

 

 ショーツを降ろして割れ目の入り口をなぞっただけで体が跳ねる彼女の腰に片手を添え、わたしは二本の指を添えて彼女の内壁をなぞるようにして中へと慎重に入れていった。

 ゆっくり愛撫して焦らすのではなく、あくまでも一番気持ちいいところが知りたくて、中に入っている指を奥に進めていき、くの字に曲げてゆっくりと回しながら探っていく。

 一際大きな艶声を溢した彼女に当たりをつけて、ソコに指を震わせるように動かして太ももに口付けながら絶頂の高みに導いていった。

 

「…結衣ちゃん……愛してる……」

「…ぁああ……も…だめ……あまみさん、あまみさんっ……すき……んーーっ!!!」

 

 そのあとも初夜の記憶が鮮明に戻るまで、新垣を抱く手を一切休めないのだった。

 


「久々だったから気持ち良かったわね、結衣ちゃん」

「あの、天海さんのアノ愛撫は、初夜の時から変わらず一切休みがないのは癖なんですか?」

 

 わたしに身を寄せてくっついている新垣だが、少々怒っているのが口調でわかった。

 

「それは結衣ちゃんが可愛いから休んでる時間も惜しいと思ってしまうの。次は一息入れるように気をつけます…反省してるよ」

 

 わたしもぎゅっと抱きしめて頭を撫でながら宥めるような口調で話していた。

 

「ふっあはは、天海さんは本当にわたしには甘いんですね、そういうところも凄く惹かれていますよ」

「ありがとう。でも一番甘いのは、結衣ちゃんの声だから…」


この甘くて幸せな時間がこれから先も続くことを祈って…

 


…お終い。