あなたへのお届け物は直行便にて (後編)

あなたへのお届け物は直行便にて (後編)

(tdmt)

 


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*お二人の共演作、SPE◯翔の表現がほんの少々出てきます。

 

 

 二人共揃ってお酒が大好きなので、日本酒にも目がないのだ。

 もう一杯注ぎあって同時に一飲みで、おちょこが空になった。


「ん〜〜っバカうま〜〜にほんしゅメロメロ〜」

「ふわぁっバカうま〜にほんしゅピヨピヨ〜♪」

「それそれ! 懐かしいな、よう覚えてるやん」

「そりゃあ、二人の大事な共演作ですから忘れませんよ」

「まあね〜あっ、うちの手作りの筑前煮これやから、遠慮せんと召し上がってな」

「わーい! 待ってました〜頂きまーす…うん、おいひー♪」

「でしょ〜! じゃっ、次はふりかけパイン持ってくんね〜」

「いえ、それは遠慮しておきます」

 

 わたしが演じた役の顔つきでお断りを入れると、相手もそれに合わせて演じた役であの時のようにニッと笑い顔で反応してくれるから、楽しくなってきたわたしは彼女のほっぺや肩に頬を擦り寄せてひとしきり甘えた。

 

「ん〜甘えたさんになっとー?」

「うん、なっとーよ」

「めっちゃ好きやわー」

「うちもめっちゃ好きー」

「でへへっ、テレビなんか見る〜? この時間だと深夜帯のバラエティはまだやってへんよなぁ」

 

 うちのテレビのリモコンをポチポチ触り、録画している番組まで遠慮なくチェックするのは他の人だったら少しは遠慮しいやと言って速攻で止めに入るが、彼女に関しては特に問題無いし気にしていない。

 しかし、その中でも彼女が主演のドラマがいくつか入っているのは、さすがに恋人ながらも照れてしまう。

 

「おおっ最近のもチェックして見てくれてるなんて、めちゃ嬉しいし可愛いやつ! うりうり〜♡」

「そ、それは主に演技と表現の勉強になりますし…でも、寂しくて…せめて画面の中のあなたに逢いたいなぁと思って…」

 

 横を向いて見えたお顔は嬉しさと幸せいっぱいな笑顔だったので、わたしは照れ隠しに手を繋いで腕に腕を絡めて見つめ合い、顔を寄せてゼロの距離で愛を注ぐのがお互いに気持ち良くて止められない。

 繋がっている口元から混じり合った液が溢れてしまうと、繋いだ手の上に二滴ぽたぽたっと落ちた。

 

「画面の中のわたしよりも本物の方が綺麗でかなりイケてるし、かっこ良くて素敵だと思わん?」

「目の前の恵梨香さんの方が綺麗でかなりイケてるし、かっこ良くて素敵だと思ってるので…」

 

 寂しさなんて吹き飛ばせるくらい、何度も大好きだって伝えたい。

 

 わたしの手に落ちた液をペロッと舐めて、チュッと唇を当ててから艶色を帯びたクールな眼差しで見つめてくる彼女はどんだけカッコイイのか…

 

「かっこ良すぎなんですけど…」

「もっと言って…」

「えりかさんばりカッコイイ大好き!」

「うちも大好き!」

 

 イチャイチャがいつまでも続きそうなので、この辺で一時ストップ。

 

「…ほな、見たいドラマあるから流しますね」

「なんやろ、うちの知ってるやつ?」

「もちろん、見れば分かりますよ」

 

 DVDをセットしてソファーの定位置に戻りスタートボタンを押して彼女の肩に頭を凭れ掛けた。

 前回までのあらすじのナレーションが流れた瞬間、彼女は絡めている手をにぎにぎして汗ばむ様子から、動揺が伝わってきた。

 

「これか…いやぁ、参ったなこりゃ…」

「最近医療系のドラマにハマってまして…」

「これの他は?」

「Dr.◯トー診療所とドク◯ーXと救命病◯24時は少〜しずつ見ていますね」

「コレ含めて全部シリーズものだけど、見る時間あるの?」

 

 ジト目で怪しむ顔でも可愛い人だな。

 

「コレしかゆっくり見れてません…」

「うちが出てるから見てくれてるの…?」

「そうです (こくんっ)」

「ふへへっ (ふにゃっ)」

「好きな出演者は新垣さんと比嘉さんとそれから…」

「うちは? (ぷくーっ)」

 

 ぷくーっと膨れる頬を指で押してぷしゅーっと縮ませる動作が面白くて、頬を撫でてもう一回やってほしいとおねだりしちゃう。

 

「ほら、白石と冴島のシーンやで〜どうぞ穴が空くほど見てあげてな (ぷくーっ)」

 

 先ほどと同じく、指で押してほっぺをへこませてから、彼女の胸元に向かって素早く抱きついた。

 

「わっ!! 美月ちゃん…」

「…緋山さんが出るシーンの時だけ教えてください…」

 

 二人で身を寄せてソファーに体を沈め、見上げる彼女はもうわたしのことしか考えられないと、静かに欲情するその瞳に理性が溶かされて、心の底に降り注ぐような愛しい温もりを感じた…。

あなたへのお届け物は直行便にて (前編)

あなたへのお届け物は直行便にて (前編)

(tdmt)

 


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*昨日に続いて最推しカプの話になります。

 

 

 お仕事上がりで帰宅すると当たり前だけどいつも一人、もう何年も変わらない生活をしているから慣れている反面、寂しさを埋めるには一人ではどうしようも出来なくて、思っているより脆い部分が多いわたしは、あなたに逢いたい気持ちが募るばかりだ。

 

 逢いたくて…

 今すぐにでも逢いたくて…

 わたしは今日もメッセージをポチッと送る。


 えりかさんお疲れ様です。

 大好きなあなたに今すぐ逢いたい…

 寝る前に声だけでも少し聞けると嬉しいです。

 

 

 まだ寝ていなければいいなと思って期待したり、疲れているなら早めに休んで欲しいと考えたりもして、揺れる思いは大事な人に恋をしている証。


 明日は久々にオフだし好物の日本酒を飲もうと早々と決めて、食材を買いにスーパーに立ち寄ったら恋しく想うあなたからの返信が届いた。


 みっちゃんお疲れ〜!

 筑前煮作ってそっちにすぐ届くからよろしく。

 


 大変、お家に帰ったら不在連絡票を確認しなければいけない。

 早く帰って明日中に再配達をしてもらう依頼をしなければと、お酒のあてに刺身の盛り合わせとアボカド入りのコブサラダを手早く購入し、マンションへと足取り軽めに帰宅した。

 


 あれ? ピザ屋のチラシしか入ってないような。

 恵梨香さんの手作り筑前煮の不在連絡票はどこだ〜?

 ポストを何度確認しても通知の紙が入っていない。

 まだ届いていないのだろうかとしょんぼりして玄関のドアを開けると、玄関からキッチンへと続く廊下の先まで明るく電気がついており、足元に目を向けて見覚えのあるヒールが揃えてあるのが分かった途端、わたしはシューズを脱ぎ捨てて、その人の元へ駆け出していた。

 


「えりかさん、えりかさんっ!!」

「おおっ、みつきちゃんお帰り〜めっちゃ早かったやん」

 

 その細身の体へとダイブする勢いで抱きつき、彼女の懐に収まる。

 

筑前煮のお届けもの…」

「帰宅して名前を呼んだその次が筑前煮って、ぷっ! ほんまおもろい子やな」

「ぅぅ…不在連絡票入ってなかった…」

「在宅連絡票でも入れとけばよかったかも…気がつかんでごめんな…」

「ううん、ええんよ。本人確認をお願いします…」

「もちろんええよ、こっち向いてくれる…?」

 

 顎をくいっと指で持ち上げる仕草が俳優顔負けにイケメンでカッコイイのは、わたししか知らない彼女の自慢の素敵ポイントだろう。

 

「…今日のリップのカラー、ええ色選んでもらったんやね…」

「谷村さんに合う色だってメイクさんが選んでくれたんですよ…」

「似合ってるよ…キスするのがもったいないな…ンッ…」

 

 唇を合わせて彼女と自分がここに居るのは現実なんだと、交わっている唇から互いに伝えながら、彼女の本人確認を十分に終えたのである。

 

「…んっ…ふわぁっ…ふぅ、恵梨香さんの唇紋頂きました」

「ハハッ! 唇紋ってウケるわ〜」

「指紋よりも色味は良いですもんね」

「どちらかといえば美月ちゃんの色が付いてる気がするけどな…ちゅっ…」

「恵梨香さんも似合ってるよ、ちゅっ…晩御飯もう食べました?」

「うん、こっち来る新幹線の中で牛タン駅弁を食べたよ、ちゅっ…美月ちゃんは?」

「マネージャーと軽く済ませて来たので…ちゅっ…って、そろそろ部屋着に着替えて来ますね」

 

 会話中のキスは、前回最後に交わってからこっちに帰宅した翌日からの逢えない日数分は絶対にしようと決めているのだ。

 わたしが寝室に入って着替えている間に晩酌の準備を進めてくれるのは、さすが付き合ってきた分だけ理解がある彼女の心遣いに感謝し、洗面所で手洗いうがいを済ませてソファーへと急ぎ足で戻った。

 

「そこのお姉さん、お高そうなええ日本酒があるじゃないの〜」

「先日、両親が旅行の土産に買って送ってくれたんですよ」

「美月ちゃんパパとママありがとうございます! うちも飲もうっと」

「おちょこにお注ぎしますね」

「おっとと、みっちゃんもどうぞ」

「ありがとうございます」

 

 開けた日本酒をおちょこに注ぎ合って乾杯し、ぐびっと一息で飲み干した。

 

膝枕はわたしの特等席

膝枕はわたしの特等席

(とだみつ)

 


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

 


 お仕事上がりで約束した場所で落ち合うと、彼女と一緒に帰宅し晩御飯を食べたら寛ぎモード、一番リラックスできる時間だ。

 ソファーの上で寝込んで枕は彼女の太もも。

 髪をふわふわ撫でてくれる指の動きとテンポが心地よい。

 

「ビールかチューハイでも持ってきますか?」

「んー、そうね〜…」

「柿ピーとさきいかと晩御飯に残ったやみつき無限アボカドがありますよ」

「ぷふっ」

「なんで笑うんですか?」

「それさ、ただ単に、やみつき無限アボカドが食べたいんでしょう?」

「それは…好きなんで…」

 

 内容なんて入っていないだろうドラマに目を向けて、口をむにゅっと尖らせて誤魔化そうとしてる顔に笑みが溢れた。

 

「ふふっ、わたしも好きだよ」

「アボカドがですか?」

「アボカドをふっくら膨らませたサイズのこの胸かなぁ…」

「ええ〜、ビール取ってきますね」

「んん〜、よいしょっ」

 

 頭を浮かせて大好きな太ももと暫しのお別れ。

キッチンでゴソゴソしてバタンと冷蔵庫が閉まる音と同時に「んぎゃっ痛っ!」と悲鳴に近い痛みを知らせる声が聞こえて、ソファーからガバッと体を起こして声を掛けた。

 

「どうしたん? 美月ちゃん大丈夫?」

「あうぅぅ…冷蔵庫で指をはさんでしまいました…」

「んしょっ。どれどれ、お姉さんに見せてみ」

 

キッチンに入って彼女の指を一緒に確認する。

 

「あちゃー、痛そうやな…自分で指曲げられる?」

「だいじょうぶ…動かせます」

「ほんなら、軽くアイシングしようか」

「これくらいだったら舐めとけば治りますよ」

「舐めて欲しいの?」

 

 いたずらっ子の笑顔で尋ねると、べつにいいですからと照れが混じった様子でアイシングの準備を始めた。

 

「舐めとけば治るのに、言われたとおりにアイシングするんだ〜、みつきちゃんは良い子だねぇ」

「お姉さんの言うことを真面目に聞いとく方がいいと思ったんで」

「はいはい、恵梨香お姉さんはビールとさきいかとアボカド持っていくわね」

 

 アイシングを終えた彼女はソファーの定位置に座り、わたしは再び太ももに頭を乗せて彼女の顔を下から眺めた。

 

「その格好だとビール飲めませんよ」

「んー、飲ませて…」

「口移しでですか?」

「できるの?」

「できますが、たぶん美味しくないですよ」

「それはしてみないとわからへんよ」

 

 ビールを口に含んだ彼女にわたしは体を持ち上げて唇を塞ぎ、口移しで液体を分け合ってお互いにごくんっと飲み込んだ。

 飲み込んで無くなった後も舌で舐め取って啄ばむように口付けてから、顔をそっと離す。

 

「ビール…美味しい?」

「うーん、えりかさんのお口の味しかしませんでした」

「わたし…美味しい?」

「はいっ、とても美味しいですよ」

「そういう時だけ正直になんのどうにかしてよ〜」

 

 照れ隠しに髪をポンポンとタッチしたりくしゃくしゃしていると、髪型が乱れるからやめてくださいと笑いながら抗議する彼女とひとしきり戯れ合う。

 戯れ合いを止めて、ぴったりくっつき合ってビールを飲んでアボカドをパクリと食べてテレビに意識を向ける。

 今流れているドラマの中の女性二人組も、仕事上がりでビールを飲んで寛いでいる姿が偶然にも自分達と被っており、思わず彼女の肩をぽふぽふ叩きながら爆笑してしまう。

 

「ぷっ、ヒャハハハッ! この二人うちらと同じことしてるやん、あ〜可笑しい〜」

「なんだろう、この二人、恵梨香さんと新垣さんにめっちゃ似てませんか?」

「あはははっ、似てる似てる!でも、うちの方が美人やし、ばり可愛いと思わん?」

 

 テレビの中のゆるいウェーブが掛かった髪型の女性とわたしをじっくりと見比べる彼女。

 スプーンでアボカドを掬いもぐっと食べてビールを飲み、わたしの服の袖をいじいじと触って何か言いたそうだが、突然ぎゅっと抱きついてきたので、わたしは驚きながらも背中に腕を回して包み込んであげた。

 

「…あの一つくくりの女性にはあげたくないんで…」

「あ、そっちの方が気になったんだ…」

「恵梨香さんの方が美人やし、ばり可愛いから心配になるもん…時々…少し…」

「妬いてくれる美月ちゃんも大好きだし、愛してるよ」

 

 ドラマの内容なんて全く入ってこないのは、彼女のことしか考えられないからだと思い、ソファーに柔らかなその身を押し倒して唇を合わせ、絶対離さないから離れないでと彼女の耳元で囁くと、甘さが含んだ声色で「わたしもえりかさんを愛しています」と囁き返してくれた。

きもももやしちゃんズ

f:id:miyurei1114:20190814034131j:image

お盆の終わりに推しキャラ三人組をどうぞ〜

(関西人の)木元ちゃんとももせさん+矢代ちゃんは時々集まって一緒に仲良くお茶してるよ!

 

*(ドラマ)未解決の女とBOSSのクロスオーバーものになります。

とだがきの部屋へようこそ (第一回目 その2)

とだがきの部屋へようこそ

(第一回目 その2)

 

 

*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*特に脈絡もなく、未解決オフィスラブ登場人物の会話文中心なので、ごゆるりとよろしくどうぞ。

 

 

「こんにちは〜わっ!! こんな立派な収録室が会社内にあったんですね」

「おつかれ〜とだがきの部屋の第一回目のゲストはこの方です」

「開発・調査部所属の黒木 華ちゃんです。どうぞ席に着いて寛いでね」

「失礼します。お二方がラジオの収録をされているパーソナリティーみたいに見えますね」

 

 関西弁を使わない黒木さんはほんわかとした話し方で、意外とお淑やかなタイプなのだと思った。

 

「社内向けらしいし、上司に収録ディスクが行くっぽいから変なことポロリと喋れないし、かなり緊張してるのよね」

トッティーは普段通りにコテコテノリノリに喋ってくれないと、わたしとの会話だと盛り上がらないと思うよ」

 

 やけにネガティブっぽい新垣だけど、緊張してるだけだろうと思い、前向きに会話を掬ってあげるのである。

 

「ガッちゃんはわたしをコテコテノリノリの関西人だと認識してるんやね」

「うん、してるね」

「わたしも戸田さんのことは結衣さんと同じように認識していますが…」

「いや、そんな風に見えてても、実際はおうち帰るとリ◯ックマみたいにだらーんとして何も喋らなくなるんやけど」

「「ダウト!!」」

 

 新垣と黒木さんから同時に、疑わしいの一声が飛んできたので反論する。

 

「なんでよ〜ホンマのほんまやって。黒木さんは美月ちゃんにでも聞いてみ、静かで無口でおとなしい人で尊敬してます好きですって絶対言うから」

「最後の好きですってここで話してもいいの?」

 

 収録された話を上司の他に誰が視聴するのか聞いていないのもあり、新垣は十分に警戒してくれているのだろう。

 そういう繊細な部分は気がついてくれるから助けられることも多かったりする。

 

「これくらいなら大丈夫だって。尊敬して好きな人とか二人にもいるっしょ、そういうことだよ」

「お話している限りでは無口でおとなしいイメージは湧かないですよね」

「あ! そういえば、お仕事上がり間際でお疲れの時は無口で無表情になるのは見たことはあるかな」

「どちらかといえば、おうちで喋らなくなりそうなのは美月の方っぽいですが、また今度聞いてみますね」

 

 はるちゃんから、そろそろフリートークから質問の内容へと移るようにと、スケッチブックに書かれた文字が見えた。

 

「はい、それでは質問コーナーに移りまして、新垣さん読み上げよろしく〜」

「えっと…質問の欄は…華ちゃんの理想の先輩と仲が良い先輩を教えてください」

「理想の先輩ですか〜何人かいるんですよねぇ」

 

 指を口元に当てて首を捻って考える仕草が可愛らしい黒木さんだ。

 

「わたしが尊敬する理想の先輩は〜戸田さんです…(ぽっ)」

「ちょっと〜トッティーが答えちゃダメでしょ!」

「あははっ、ボケとツッコミが逆でもいい感じですね」

 

 すかさずツッコミを入れてくる新垣は、わたしが入社直後から日々ビシビシと鍛えてきた成果が出ているのだ。

 

「自惚れな戸田先輩は置いといて、華ちゃんのお答えをどうぞ」

「はい、理想の先輩は営業部門だと吉田 羊さんで、仲が良い先輩は同じ部署の吉高 由里子さんです」

「ゆ、由里子ちゃんか…そりゃそうだよね…(ガクン…がつんっ) いだっ!」

「あ〜あ〜何やってんのよ」

「結衣さん、大丈夫ですか?」

 

 仲が良い先輩は自分だと思っていたのか、新垣は明らかにショックを受けてデスクに項垂れてがつんっとおでこを打つけてしまったのである。

京香ママの子離れ奮闘記 (8.0 番外編)

京香ママの子離れ奮闘記 (8.0 番外編)

 


*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*京香さんがお母さんというパラレル設定でも大丈夫な方は、どうぞお付き合いくださいませ。

*会話文多めになっています。

 

 

 美月姉さんが今のような状態になるだいぶ前の話。

 

 お昼休憩、わたしは他の部署の先輩兼姉の親友と社食でご飯を食べていた。

 

 姉さんよりも大人びた雰囲気で色気も十二分にあり、男性陣がよくデートに誘っている姿を目撃しているのだが、本人は何故か上手くかわしているのがほんの少し不思議だった。

 

「…もぐもぐ…アヤマサは恋してる?」

「…もぐもぐ…恋ねぇ…してるよ」

「誰だれ? 社内の人?」

「それは〜もちろん、うっふんっ…波瑠ちゃんだよ♡」

「ヘヘッ、ありがとう!」

「両想いだねぇ、早いとこ婚姻届の提出しなくちゃ」

「提出しないでください。それに、美月姉さんにもラブコール送ってるの知ってるんだから!」

 

 バレたかっと楽しそうにクスクスッと笑うアヤマサ。

 モテるのに勿体無い美人な部分が幾分かあるようだ。

 

「というのは冗談で…波瑠の方はどうなのよ」

「…好きな人? いるよ」

「いるの!? 誰? 先輩か同期、もしくは上司?」

 

 エビピラフをスプーンですくって口に含み、視線を斜め向かいのテーブルに向けて見入る。

 

「誰を見・て・るの〜?」

「………(愛未さん五目チャーハン食べてる! 頬張ってもきゅもきゅしてるの可愛い〜)

 

 わたしの視線を点々となぞるように追ったアヤマサは気が付いたのか?

 

「その視線の先に見えるのって…わっ、恵梨香お義姉様じゃないの」

「んぐっ、ゴホンゴホン…恵梨香お義姉様って呼び方何なの?!」

「だって、みっちゃんのお嫁さんになったらそう呼ばなきゃでしょ」

「ほ〜、アヤマサさあ、姉さんと付き合ってるの?」

「ううん、まだだけど、これから愛を確かめ合う予定だよ」

「・・・・」

 

 お嫁さんどころか、現在付き合ってもいないのか!

 アヤマサを怪しさを含めた目でまじまじと見てしまう。

 

「これを聞いたら波瑠も納得するから」

「うん、一応聞いてあげる」

「みっちゃんの好みはね〜わたしくらいの身長で…」

「うん…(たくさんいるね)」

「明るくて時々笑わせてくれたりして、人当たりの良さと誠実さも勿論あって…」

「うんうん…(身近にいるね)」

「いたずらっ子みたいな一面も素敵だなって言ってたし…」

 

 ここまで聞いてるだけでも、姉さんの好みと想い人が分かり易すぎて、思わず苦笑いでその人を目視で確認していた。

 

「細身でキリッとクールビューティな目つきの人がタイプだって聞いてるの、それってもろにわたしじゃない?」

「うーん…そう?」

「他にざっと社食を見渡してもそれに当たる人物はいないよ」

「うーん…身近に一人いるような…」

「え〜、どこの誰よ〜」

「それは、あの人とかね…」

 

 麦茶を飲んで、自分の想い人に目線を戻して少しにやけた。

 

「わたし先に言ったんだから、波瑠も好きな人教えてよね」

 

 ざるうどんを食べるアヤマサの追求は、お昼休憩時間中続くのでした。